チュルリョーニスの楽譜 『ピアノ作品全集』 『オルガン作品全集』



リトアニアからチュルリョーニスの楽譜、『ピアノ作品全集』と『オルガン作品全集』を持って帰ってきました。

チュルリョーニスのピアノ曲というと、映像作家ジョナス・メカスの映画『リトアニアへの旅の追憶』のバックグラウンドに流れていたことでも有名ですよね?しかもピアノを弾いていたのはチュルリョーニス研究の第一人者で、リトアニアの元最高会議議長のヴィータウタス・ランズベルギス氏(Vytautas Landsbergis, 1932- )なのですから、これ以上のチュルリョーニスはないと言えないでしょうか?

私もいろいろなピアニストの弾く数々のチュルリョーニスのLPやCDを聴いてきましたが、やはりこの映画の音源として採用されているランズベルギス氏演奏のLPがなんとも言えず一番でした!

c0193950_14464486.jpg

『ピアノ作品全集』は、ランズベルギス氏によって編集されています。

チュルリョーニスの音楽作品についている作品番号は彼の名前の頭文字をとってVL***であらわされています。一部古いLPやCDではOp.番号が使用されていますが、現在ではVL番号が一般的になっています。

Kūriniai fortepijonui. Visuma. [Compositions for Piano. Completed.], ed. by Vytautas Landsbergis. Kaunas: J. Petronis, 2004.






c0193950_144754.jpg

『オルガン作品全集』は、チュルリョーニスの生誕130周年を記念して出版されました。
ランズベルギス氏のお嬢様で、オルガン奏者であるユラーテさん(Jūratė Landsbergytė)が編集されています。

Visi kūriniai vargonams [Complete works for organ]. (Vargoniniai ir transkribuoti fortepijoniniai kūriniai, iš viso 69. Įtraukta daug sudarytojos ir redaktorės transkripcijų [Works for organ and transcribed piano works, total 69. Includes many transcribtions by compiler and editor]). Landsbergytės redaguotas leid. [publication edited by J. Landsbergytė]. Kaunas: Naujasis lankas, 2005.



ピアノ作品の楽譜は、先日発売になった↓の文献にも収録されています。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
チュルリョーニスの時代』(佐藤泰一/村田郁夫訳、ヤングトゥリープレス 2008)
c0193950_22562380.jpg

リトアニアを象徴する作曲家・画家チュルリョーニスの伝記が発売になりました!
ピアノ作品の楽譜、詳細なディスコグラフィー、音楽作品リスト、参考文献目録も収録!
[PR]
by ciurlionis | 2009-01-05 23:59 |