バルト諸国の合唱曲 ~Baltic Voices~


今日はチュルリョーニスから離れて、バルト三国や北欧諸国の合唱曲のCDをご紹介します。

バルト三国(エストニア、ラトヴィア、リトアニア)の人々にとって合唱とは特別な意味を持っています。バルト三国の各国では、数年毎に国民参加の大規模な合唱祭や舞踊祭が行われることでも有名です。

そこで、本日はBaltic Voices 1.2.3(バルティック・ヴォイシズ第1.2.3集)を取り上げます。

このBaltic Voicesは、合唱指導者として崇められているポール・ヒリアー氏がエストニアフィルハーモニー室内合唱団を率いて、バルト海沿岸の国々の現代作曲家による合唱曲を紹介するというCDです。

このCDを初めて聴いたとき、「こんなに美しい合唱曲が世の中に存在したのか!?」と驚かされました。まさに「静謐」という単語が似合う合唱曲たちです。エストニアフィルハーモニー室内合唱団の合唱がすばらしく、ここまでくると「人間の声による芸術作品」と言えるほど完璧な合唱です。

バルティック・ヴォイシズ第1集 [Import] (BALTIC VOICES 1 (HYBR))では、世界初録音3曲を含む、スウェーデン、フィンランド、ラトヴィア、エストニアの作曲家の合唱曲が取り上げられています。おすすめは、トルミス、ペルト、ヴァスクスの世界初録音曲3曲でしょうか?
c0193950_0294331.jpg
1. Psalm 104 (Bless The Lord, O My Soul)
2. Happy Is The Man (From Psalms 1, 2 & 3)
3. Psalm 141 (O Lord, I Call To Thee)
4. Psalm 121 (The Sun Will Not Strike You By Day)
(1-4. Cyrillus KREEK)
5. Hear My Prayer, O Lord
(5. Sven-David SANDSTRØM)
6. Cancion De Jinete (The Rider)
7. El Grito (The Scream)
8. La Luna Asoma (The Moon)
9. Malaguena (6-9. Einojuhani RAUTAVAARA)
10. Garais Sauciens (Song Of Meeting)
11. Rota Dziesma (Spring Song)
12. Kazu Apdziedasanas (Wedding Song Contest)
13. Seru Dziesma (Funeral Song)
14. Linu Druva (The Flax Field)
15. Ligo Dziesma (Midsummer Song)
(10-15. Velijo TORMIS)
16. Es Ist Genug (It Is Enough)
(16. Sven-David SANDSTRØM)
17. Which Was The Son Of
(17. Arvo PÄRT)
18. Dona Nobis Pacem (Grant Us Peace)
(18. Pēteris VASKS)


バルティック・ヴォイシズ第2集 [Import] (BALTIC VOICES 2 (HYBR))では、2曲の世界初録音を含む、バルト地域のキリスト教の3宗派、東方宗教から(シュニトケとGRIGORJEVA)、カトリックからは(シサスクとTULEV)、プロテスタントからは(NØRDGÅRD)が取り上げられています。おすすめは、シサスクとシュニトケの作品です。
c0193950_047822.jpg
1. I Surrexit Christus
2. II Omnis Una
3. IV Benedicamus
4. XXIII Oremus
5. XIX Confitemini Domino
(1-5, Urmas SISASK)
6. And Then In Silence There With Me Be Only You
(6. Toivo TULEV)
7. Winter Hymn
(7. Per NØRDGÅRD)
8. Lord, Have Mercy
9. Ode 1
10. Odes 7-8
11. Kondakion
12. Ikos
(8-12. Galina GRIGORJEVA)
13. O Holy Virgin, Rejoice
14. O Lord, Jesus Christ
15. Our Father In Heaven
(13-15. Alfred SCHNITTKE)



バルティック・ヴォイシズ第3集 [Import] (BALTIC VOICES 3 (HYBR))は、このシリーズを締めくくる最後の盤として、すでに作曲家としての地位を確立しているベリマン、グレツキ、グズモンセン=ホルムグレンと、若手世代の最近の作品からサーリアホとトゥール、そのほかではリトアニアからアウグスティナス、マジュリス、マルティナイティスの3人が取り上げられています。ここでのおすすめは、グレツキとリトアニア人作曲家3人です。
c0193950_181863.jpg
1. The Stomping Bride (Vaclovas AUGUSTINAS)
2. Statements (Pelle GUDMUNDSEN-HOLMGREEN)
3. Nuits, Adieux (Kaija SAARIAHO)
4. The Dazzled Eye Lost Its Speach (Rytis MAŽULIS)
5. Das Grobe Lalula (5-8. Erik BERGMAN)
6. Tapetenblume
7. igel Und Agel
8. Unter Zeiten
9. Alleluia (Algirdas MARTINAITIS)
10. Meditatio (Erikki-Sven TÜÜR)
11. Hej, Z Gory, Z Gory! (11-15. Henryk Mikolaj GÓRECKI)
12. Cimna Nocka, Ciamna
13. Wcoraj, dzwcyno, Nie Dzisaj
14. A Torunia Ja Parobecek
15. Wysula Burzycka, Bandzie Desc




***********************************************************
チュルリョーニスの時代』(佐藤泰一/村田郁夫訳、ヤングトゥリープレス 2008)
c0193950_22562380.jpg

リトアニアを象徴する作曲家・画家チュルリョーニスの伝記が発売になりました!
ピアノ曲の楽譜、詳細なディスコグラフィー、音楽作品リスト、参考文献目録も収録!
[PR]
by ciurlionis | 2009-01-08 23:59 | 音楽