ヴィータウタス・ランズベルギス氏の弾くチュルリョーニス その1


今日は、昨日少しご紹介しましたチュルリョーニス研究の第一人者でリトアニア元最高会議議長のヴィータウタス・ランズベルギス氏演奏のCDとLPをご紹介します。CDはアメリカのアマゾンで入手可能です。LPは、ジョナス・メカス監督の映画『リトアニアへの旅の追憶』の音源として使用されたことで有名なものですが、残念ながらCD化されていません。


まず、CDの方は、EMI CLASSICSから、Čiurlionis: Born of the Human Soul, Works for Solo Piano(Piano: Vytautas Landsbergis)というものが出ています。

このCDは1998年に新たに録音された盤ですが、このCDのライナーノーツにランズベルギス氏のチュルリョーニスの音楽への想いが書かれています。その一部をここに抄訳します。

「私がチュルリョーニスの音楽で好きなところは、その音楽が持っているリズムの構成や色彩、フレーズの柔軟性を通して人々を啓蒙する力があるところである。彼の音楽は美しく、心情が良く表現されていて、また卓越した象徴主義作品である。私が彼の音楽を演奏するとき、私の指からこれらのことが聴衆に伝わるように試みている。彼の音楽はつねに揺れ動き、休むことのない魂を反映しているのだが、それがリトアニアなのである。この音楽を知ってもらえるように人々を招いているのである。」

おすすめは、VL 178, VL 184, VL 187, VL 188のプレリュードとリトアニア民謡のピアノ用編曲です。

c0193950_23183898.jpg


CD-EMI CLASSICS: 5 66791-2 (US, 1998) "Čiurlionis: Born of the Human Soul, Works for Solo Piano" Nocturne in F sharp minor [VL 178], Prelude in B major [VL 186], Prelude in B minor [VL 182a], "Angelas Dievo" [Angelius Domini] Prelude in F sharp major [VL 184] (Composed in Druskininkai) , Impromptu in F sharp minor [VL 181], Prelude in D flat major [VL 187], Prelude in B flat minor [VL 169], Fugue in B flat minor [VL 345], Prelude in C major [VL 331], "Vai močiute" [Oh, Mother] [VL 277],Concord (Episode from Symphonic Poem "Jūra" [The Sea]) [VL 255], Prelude in G major [VL 338], "Tėve mūsų" [Pater Noster] [VL 260], "Bėkit, bareliai" [Stretch Away, Fields] 4 Variations [VL 279], Prelude in D minor [VL 239], Prelude in A major [VL 335], "Ant kalno gluosnys" [Willow on the Hill] [VL 289], Prelude [VL 188], Variations "SEFAA ESEC" Theme [VL 258], "on onem kiemely" [In a Courtyard] (Ar vėjai pūtė [Did the winds blow]) [VL 274], Prelude in D minor [VL 325], "Sekminių muzika" (Prelude for the Whitsunday in D major) [VL 337a], Prelude in G minor [VL 310], "Oi giria, giria" [Oh, Forest, Forest] 5 Variations [VL 276] (Vytautas Landsbergis)

下記2枚のLPのうち、1枚目のLPより8曲が、映画『リトアニアへの旅の追憶』のバックグラウンド・ミュージックに使用されました。

c0193950_2346277.jpg

LP-MELODIYA: D 012339/40 (SU, 1962) Prelude op. 7, No. 4 [VL 188], Prelude op. 3, No. 1 [VL 169], Prelude op. 11, No. 2 [VL 199], Prelude op. 7, No. 2 [VL 187], Prelude op. 6, No. 1 [VL 184], Prelude op. 12, No. 1 [VL 239], Prelude op. 12, No. 2 [VL 240], Prelude op. 14, No. 2 [VL 248], [Some sources incorrectly indicate it as op. 12, No. 1], Prelude op. 17, No. 1 [VL 260], [Some sources incorrectly indicate it as op.16, No. 3], Prelude op. 16, No. 3 [VL.256], Prelude op. 21, No. 1 [VL 294], Prelude op. 21, No. 2 [VL 295], Prelude op. 33, No. 3 [VL 340], Prelude op. 33, No. 1 [VL 338], Prelude op. 30, No. 1 [VL 318], Prelude op. 31, No. 2 [VL 327], Prelude op. 33, No. 4 [VL 342], [Some sources incorrectly indicate it as op. 39, No. 4], Prelude op. 33, No. 5 [sic op. 22, No. 5 ] [VL 304], Prelude op. 31, No. 1 [VL 325], Prelude op. 33, No. 2 [VL 339], Prelude op. 32, No. 3 [sic op. 33, No. 7 ] [VL 333], [Some sources incorrectly indicate it as op. 39, No. 7] (Piano: Vytautas Landsbergis)


c0193950_23463229.jpg

LP-MELODIYA: D 022921/22 (SU, 1967) 7 Variations Theme "Sefaa Esec", op. 15 [VL 258], Prelude op. 15, No. 2 [VL 257], 4 Variations Theme "BESACAS", op. 18 [VL 265], Fugue, op. 34 [VL 345], Preludes: op. 32, No. 2 [VL 335], op. 30, No. 2 [VL 319], op. 26, No. 3 [VL 310], "Oi giria, giria" [Oh, Forest, Forest] I-V [VL 276], "Močiute mano miela" [Mother, I Want to Sleep] [VL 281], "Išėjo mergaitė" [Maiden Left] I-II [VL 278], "Ei mergele" [Hey, Maiden] I-III [VL 283], "Ganiau aveles" [I Shepherd] [VL 282], "Vai močiute" [Oh, Mother] I-II [VL 277], "Subatos vakarėlį" [Saturday Night] I-III [VL 286], "on onem kiemely" [In a Courtyard] I-II [VL 274], "Aš pasėjau rūtelę" [I Sowed the Rue ] [VL 280], "Siuntė mane močiutė" [Mother Sent Me] [VL 284], "Bėkit bareliai" [Stretch Away, Fields] I-IV [VL 279] (Piano: Vytautas Landsbergis)

LPの演奏にはリトアニアの素朴な暖かさが良くあらわれている気がしました。

*****************************************************************
チュルリョーニスの時代』(佐藤泰一/村田郁夫訳、ヤングトゥリープレス 2008)
c0193950_22562380.jpg

リトアニアを象徴する作曲家・画家チュルリョーニスの伝記が発売になりました!
ピアノ曲の楽譜、詳細なディスコグラフィー、音楽作品リスト、参考文献目録も収録!
[PR]
by ciurlionis | 2009-01-14 23:59 | 音楽