チュルリョーニスのDVDとVHS



チュルリョーニスに少しでも興味を持たれた方におすすめのチュルリョーニスのDVDとVHSがありますのでご紹介します。

まず、DVDのすばらしいところは、1985年当時、まだ音楽学者であったヴィータウタス・ランズベルギス氏の映像が観られることと、プリセツカヤのダンスが観られることでしょうか。チュルリョーニスに扮する俳優さんも登場します。


           M. K. Ciurlionis Trilogy DVD
                『チュルリョーニス トリロジー DVD』

c0193950_0554086.jpg



これら三つのフィルムは、リトアニアテレビによって制作されたもので、画家で作曲家のミカロユス・コンスタンティナス・チュルリョーニス(1875-1911)の作品を紹介しています。彼は、音楽における目覚ましい想像力を持った芸術家であるばかりでなく、絵画においては、ヨーロッパ象徴主義の先駆者でもあります。



一本目のフィルム(1975)は、チュルリョーニスの絵画と音楽をインタビューと彼の手紙からの引用とともに結びつけています。ワルシャワやライプツィヒ音楽院で学んだことや、ヴィジュアル・アーティストとしての成長過程や、サンクト・ペテルブルグの前衛芸術サークルに参加したことなどが含まれています。この芸術家を記念してデザインされた彫刻は、完成し、公開されました。


二本目のフィルム(1975)は、カウナスにあるチュルリョーニス美術館で撮影されたものですが、率直にその芸術家の音楽と絵画が提示されています。


三本目(1985)は、ヴィータウタス・ランズベルギス(音楽学者であり、リトアニアの独立運動のリーダーであり、ソ連から独立後初のリトアニアの国家元首です。)によって紹介されていて、オリジナル作品を創作するためにマヤ・プリセツカヤによって振りつけられた創作ダンスとともにチュルリョーニスの作品が紹介されています。


1DVDに3作品を収録。リトアニア作品1975/85、カラー、140分
リトアニア語による解説と対話。英語字幕。


NTSC形式 リージョン0 全世界共通


また、もうひとつチュルリョーニスのVHSもあり、こちらは1964年というとても古い映像ですが、こちらもご紹介しておきます。

           
Ciurlionis: Mintys, Paveikslai, Muzika (Ciurlionis: Thoughts, Pictures, Music)
『チュルリョーニス: 思想、絵画、音楽』 VHS
 


c0193950_1225179.jpg


このちょっとしたドキュメンタリーは、有名な作曲家・画家のM. K. チュルリョーニスの絵画に焦点をあてています。彼の音楽を使い、彼の個人的な日記を有名なリトアニア人俳優ユオザス・ミルティニスが読み上げます。言葉と音楽作品のハーモニーはチュルリョーニスの幻想的な絵画の鑑賞をより盛り上げてくれます。
(リトアニア作品、1964、カラー、30分、リトアニア語による解説、字幕なし)




*******************************************************************

チュルリョーニスの時代』(佐藤泰一・村田郁夫訳、ヤングトゥリープレス 2008)
c0193950_22562380.jpg

リトアニアを象徴する作曲家・画家チュルリョーニスの伝記が発売になりました!
ピアノ曲の楽譜、詳細なディスコグラフィー、音楽作品リスト、参考文献目録も収録!
[PR]
by ciurlionis | 2009-01-23 23:59 | 映画