『人間失格』 太宰治 新潮文庫 限定スペシャルカバー


先日大手町の大型書店に立ち寄った際、おすすめ書コーナーのなかにひと際目立つショッキングピンクの文庫本があった。

無類のピンク好きの私はその色に惹かれて寄って行くと、それは、新潮文庫の太宰治著『人間失格』であった。

c0193950_14255160.jpg


毎年夏に新潮文庫は「新潮文庫の100冊」というキャンペーンをしていて、そのうちの10冊は限定スペシャルカバーを付けて販売しているとのこと。

私を引き寄せたショッキングピンクは、その10冊(10色)のうちの1冊(1色)だったのだ。
c0193950_14354890.jpg

帰りの電車のなかでその文庫本を手にし読み始めたら、もうすでに読んだことのあるストーリー。。太宰の小説はどれも似たようなストーリーなので、「ああ、これが『人間失格』だったか?」となんとなく思い出してきた。恐らく中学一年生の時に読んだきりだったと思う。

これをきっかけに再読しようと思う。

また数年後に読んだことを忘れて買ってしまうのだろうか?

本を選ぶきっかけなんてそんなものなのではあるが。

追伸: 先日再び大型書店を訪れたら、太宰治の著書の特設コーナーがあり、なぜ?と思ったら、「太宰治生誕100周年」という表示が。。

10月になりやっと知ったのでした。。

c0193950_10261484.gif

[PR]
by ciurlionis | 2009-10-08 00:00 |