リトアニア元国家元首ヴィータウタス・ランズベルギス レクチャー・コンサート 「チュルリョーニスの時代」

c0193950_19351675.jpg

「いままでの人生で最良の日であったかも知れない。」 

ここ数年リトアニアを中心にバルト三国やその周辺諸国の音楽や文化に興味を持ち続けてきた自分にとって、そう思えた一日だった。憧れの存在であったチュルリョーニス研究の第一人者でリトアニアの元最高会議議長ヴィータウタス・ランズベルギス氏の演奏するチュルリョーニスを日本で聴く夢がかなったのである。

11月19日にランズベルギス氏が来日され、今日は午前中の日本記者クラブでの記者会見の後、19:00から代官山のヒルサイドプラザでレクチャー・コンサートが開催された。

対談のお相手は東京大学大学院教授の沼野充義氏。沼野氏は1992年のランズベルギス氏の初来日の際にも対談されたことがあり、中央公論1992年6月号に『リトアニア「勝利の歌」とわたし』と題して対談記事が載っていた。

ランズベルギス氏の来日は私の知る限りでは、リトアニアのソ連邦からの独立回復直後の1992年のセゾン美術館での「チュルリョーニス展」、1995年のワタリウム美術館での「フルクサス展」、2005年の愛知万博についで、今回で4回目ではないだろうか?今回の来日の主たる目的は、22日に青山学院大学で行われる「ベルリンの壁崩壊20周年記念国際会議」への出席だそうである。

このたびのレクチャー・コンサートは、初めにリトアニア大使よりランズベルギス氏のご紹介があり、次いでランズベルギス氏によるチュルリョーニスのピアノ作品10曲の演奏があり、その後ランズベルギス氏と沼野氏との対談形式でチュルリョーニスやリトアニアについてのトークが行われた。

レクチャーのタイトルは昨年末発売になった日本語版チュルリョーニスの伝記『チュルリョーニスの時代』から取られ、その原書のタイトル "Čiurlionis. Time and Content" の "Time and Content"の意味が著者のランズベルギス氏から詳しく説明された。文字通り訳すと「時間と内容」となるところであるが、「時間が経過するに従って内容となる芸術が生まれ、さらに時間が経過すると真の芸術になる」ようなことをおっしゃっていた。

演奏されたチュルリョーニスのピアノ作品10曲は下記の通り:

1. 6音列 a-d-f-b-es-ges の主題によるプレリュード ニ短調 (VL 256)
2. 聖霊降臨祭のための音楽 (VL 337a)
3. “Sefaa Esec” の主題によるピアノのための変奏曲 (VL 258)
4-7. リトアニア民謡より 4曲 :
     風は吹いたか (VL 274)
     少女はでかけた (VL 278)
     おお、森よ、森よ (VL 276)
     お母さん、もう少し眠らせて (VL 281)
8. プレリュード ト長調 (VL 338)
9. 連作風景「海」より 第二曲 (VL 317b)
10. 秋 (VL 264)


演奏の背後にはチュルリョーニスの描いた絵画のスライドが投影され、チュルリョーニスの音楽と絵画両面を堪能できる良い機会となった。すべての曲が印象的で、夢のような生演奏の時間はあっという間に過ぎてしまった。そういえば、「お母さん、もう少し眠らせて」 (VL 281) と「プレリュード ト長調」 (VL 338) は、ジョナス・メカス氏の映像日記のなかにランスベルギス氏が登場したときも弾いていた曲である。もしかしたらランズベルギス氏にとって思い入れのある曲なのかもしれない。

チュルリョーニスは絵画作品に「ソナタ」と名づけたり、音楽作品にも「連作風景」と名付けたりしていることを考えると、「音楽的絵画」と「絵画的音楽」はたまた「音楽と絵画の総合藝術」を目指していたのかもしれない。

チュルリョーニスの遺した抽象的傾向の絵画(カンディンスキーにも影響を与えたとされる)や、12音技法に先駆けて音列構造を採用した音楽作品などからは、彼がリトアニアの生んだ天才で、常に時代の最先端を行っていたということが強く感じられ、このたびのレクチャー・コンサートではその一部を垣間見ることができとても有益であった。

レクチャー・コンサート終了後に小さなレセプションが催された。1992年にヴィリニュスで出版された原書 "Čiurlionis. Time and Content" を持参し、ランズベルギス氏からサインを頂戴した。手を差し出すと、大きなぬくもりのある手で固く握手をしてくださった。とてもお優しい懐の深い方であった。

22日の国際会議では、音楽学者ではなく、政治家としてのランズベルギス氏の講演を拝聴できる良い機会となることであろう。


 『チュルリョーニスの時代』(佐藤泰一・村田郁夫訳、ヤングトゥリープレス 2008)

c0193950_25865.jpg

リトアニアを象徴する作曲家・画家チュルリョーニスの伝記が発売になりました!
ピアノ曲の楽譜、詳細なディスコグラフィー、音楽作品リスト、参考文献目録も収録!
[PR]