CD ゲルギエフ指揮 ロンドン交響楽団 プロコフィエフ作曲 「ロメオとジュリエット」


先日BBC Music Magazineの2月号でゲルギエフ率いるロンドン交響楽団が演奏したプロコフィエフのバレエ「ロメオとジュリエット」のCDが☆☆☆☆☆に輝いていたので、イギリスのバーミンガムのCD屋さんから購入したのですが、今日帰宅したらそのCDが届いていました。日本のTOWER RECORDSの店頭価格のおよそ半額で購入することができました。

今までロンドン交響楽団が演奏する「ロメオとジュリエット」と言ったら、アンドレ・プレヴィン指揮のものを気に入って聴いていたのですが、このたびのゲルギエフの指揮による演奏は、プレヴィン指揮のものと比較して終始軽快なテンポで、デュナーミクにもメリハリがあって聴きやすく感じました。しかし、各楽器のソロの部分は、プレヴィン指揮の方がソロ奏者の演奏をゆったりと聴けるという良い面もあり、両者とも甲乙のつけ難い秀逸な演奏となっています。

もしよろしければお聴きになってみてください。

Romeo & Juliet (Hybrid CD)

c0193950_20293344.jpg



c0193950_23203823.gif

             

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2010-02-16 20:00 | 音楽