リトアニア共和国独立回復20周年記念コンサート 代官山ヒルサイドプラザ


2010年3月11日はリトアニア共和国がソヴィエト連邦からの独立を自ら宣言して20周年である。今日はそれを記念してピアノリサイタルが行われた。出席者は大使館の招待客のみ200名ほど。

演奏者はリトアニア人ピアニストのペトラス・ゲニュシャス (Petras Geniušas)。

c0193950_21214124.jpg


ゲニュシャスは、以前東京と大阪での教育活動やヤマハ音楽財団でピアノのマスタークラスを行ったことのある日本とはゆかりの深いピアニストである。

1995年9月に指揮者のドマルカス氏率いるリトアニア国立交響楽団が初来日し、チュルリョーニスの交響詩「森の中で」を日本初演した演奏会で、ゲニュシャスはラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏し、好評を博した。

今日の演奏プログラムは下記の通り:

グリーグ: ホルベルク組曲

クタビチュス: ピアノ・ソナタ

スクリャービン: ピアノ・ソナタ 第3番

ガーシュイン: ラプソディー・イン・ブルー

(アンコール: 吉松 隆氏の作品)

スクリャービンの第三楽章の抒情的なフレーズが印象的だった。

c0193950_23203823.gif

             

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]