CD ボロディン作曲 弦楽四重奏曲第二番 ボロディン・カルテット


5月10日は先日ロンドンで亡くなった恩師のお葬式だった。出席できなかったのが悔やまれるが、ロンドン在住の友人たちが式の様子をメールで知らせてくれた。

ノエル先生は生前、気丈にも自分のお葬式で流す曲を決めていたそうだ。

今日は、その中の一曲であったボロディン作曲の弦楽四重奏曲第二番のCDを聴いた。

このCDで演奏しているボロディン・カルテットは、ソ連時代の1945年に創設され、現役最長の歴史を誇るロシアの弦楽四重奏団の最高峰。私のロンドン留学中にゴールドスミス・カレッジを訪れて演奏したことがあった。とても温かい雰囲気をもった方たちだったのを覚えている。

演奏は、古き良き時代のロシアを彷彿とさせる優雅で壮麗なもの。特に第三楽章の「夜想曲 Notturno」は、甘美なメロディーで有名ですから、ご存じの方も多いはず。

もしよろしければお聴きになってみてください。

Borodin: String Quartet No. 1 in A; String Quartet No. 2 in D
c0193950_1426197.jpg



c0193950_11172377.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2010-05-16 23:59 | 音楽