リトアニア・ジャズについて


リトアニアが意外にもジャズ大国であることを知ったのは、鈴木正美先生の下記のブックレットを読んでからでした。

このブックレットはロシア・ジャズについて(ソヴィエト時代を含めて)詳しく書かれていて勉強になりました。おすすめです。

ロシア・ジャズ―寒い国の熱い音楽、鈴木正美 (著)、(ユーラシア・ブックレット)

c0193950_16483488.jpg


その後、リトアニアへ行くたびにリトアニア人の演奏によるジャズのCDを買ってくるようになり、現在に至っています。

下記の3枚組x2の計6枚のCDを聴くとリトアニア・ジャズの歴史を聴きながら辿ることができます。ブックレットも英訳されていて、半世紀におよぶそのパースペクティヴを詳しく知ることができました。

LITHUANIAN JAZZ 1929-1980 (3CD SECD011)





LITHUANIAN JAZZ 1980-1990 (3CD SECD014)
c0193950_16514857.jpg


特に、モツクーナスの師匠、ウラジーミル・チェカシンのサックス演奏が光っています。

日本ではCDの入手が難しいかも知れませんが、ご興味のある方はYou Tubeに公開されている演奏を聴いてみてください。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

アマゾンでリトアニアの国旗柄のマグを見つけました。リトアニア・ファンの方、いかがでしょうか?

Sugar Land (シュガーランド) フラッグマグ LITHUANIA(リトアニア) 11181-3
c0193950_165615100.jpg


c0193950_11172377.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2010-09-17 00:02 | 音楽