没後100周年 リトアニアの作曲家・画家チュルリョーニス (1875-1911)

今年2011年はリトアニアの作曲家・画家ミカロユス・コンスタンティナス・チュルリョーニス (Mikalojus Konstantinas Čiurlionis, 1875-1911) の没後100年にあたります。

c0193950_9533587.jpg


私がチュルリョーニスの音楽に出会ったのは2004年。ロンドン大学大学院留学中に旅行で訪れたバルト三国(エストニア、ラトヴィア、リトアニア)でクラシック音楽のCDをたくさん購入して帰ったことがきっかけでした。

それ以来バルト三国へは5回訪れ、リトアニア国立チュルリョーニス美術館でチュルリョーニスの絵画も鑑賞。2009年夏には首都ヴィリニュス大学のリトアニア語講座に留学しながら、国民参加型の歌と踊りの祭典に通い、バルト三国の民族音楽を身をもって体感しました。

私のチュルリョーニスLP・CDコレクションも80枚ほどになり、今年は没後100周年ということですので順番にご紹介していきたいと考えております。

また、昨年夏にリトアニアのドルスキニンカイで行われたチュルリョーニス学会に参加させて戴いた際に、チュルリョーニス作曲の交響詩「海」のオーケストラスコア・パート譜を購入してきましたので、演奏してくださるオーケストラを募集中です。
チュルリョーニスは画家でもあり、1992年には池袋にかつてあったセゾン美術館で展覧会が行われたことがあります。ですから、画家としてのチュルリョーニスの画業もご紹介していきたいと思います。

リトアニアのチュルリョーニス研究者ダリウス・クチンスカス教授と、チュルリョーニスの曾孫ロカス・ズボヴァス氏などが共同で開発したチュルリョーニス専門サイトがOPENしましたので、もしよろしければごらんください。絵画作品のほとんどをこちらからご覧いただけます。
http://ciurlionis.eu/en/

現在、イタリアのミラノの王宮でチュルリョーニスの絵画展が開催中です。2011年2月13日まで。詳しくは下記サイトを参照ください。
http://www.mostraciurlionis.it/

『チュルリョーニスの時代』(佐藤泰一・村田郁夫訳、ヤングトゥリープレス 2008
c0193950_25865.jpg

リトアニアを象徴する作曲家・画家チュルリョーニスの伝記が発売になりました!
ピアノ曲の楽譜、詳細なディスコグラフィー、音楽作品リスト、参考文献目録も収録!


書籍「チュルリョーニスの時代」+ CD「M.K.Ciurlionis' Piano works performed by Vytautas Landsbergis」セット

c0193950_12213274.jpg

c0193950_11172377.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2011-01-02 00:01 | 音楽