チュルリョーニスのCDその2 「海」 スヴェトラーノフ指揮 ロシア国立交響楽団

チュルリョーニスCDの2枚目は、エフゲニー・スヴェトラーノフ (1928-2002) が自ら企画した3人の作曲家の「海」にまつわる作品、チュルリョーニスの交響詩「海」VL 5、グラズノフの管弦楽のための幻想曲 ホ長調 作品28「海」、ドビュッシーの交響詩「海」3つの交響的エスキスを収録したものです。

演奏は、ロシア国立交響楽団。1993年2月13日にモスクワ音楽院大ホールで行われた演奏会のライヴ録音です。

チュルリョーニスの交響詩「海」は、バルト海を視覚的にイメージできるような、詩情豊かな作品です。ハープのグリッサンドから始まり、ヴァイオリンの和音の上にフルートとクラリネットのささやきが聴こえ、その後金管楽器が加わっていき、徐々に厚みを増してゆきます。木管アンサンブルがリトアニアの「海」の情景を、金管楽器と弦楽器の低音がバルト海の大波を想起させます。収録されているのは1965年出版のエドゥアルダス・ バルシス版の演奏です。

グラズノフの管弦楽のための幻想曲 ホ長調 作品28「海」もめずらしい作品ですし、重低音の効いた厚みのあるロシア国立交響楽団の演奏で、ドビュッシーの交響詩「海」を聴くのもまた新鮮で新しい発見がたくさんあります。

このCDも比較的入手しやすく日本語で解説も読めますので、ご興味のおありの方はぜひお聞きになってみてください。

「海」: チュルリョーニス、グラズノフ、ドビュッシー: スヴェトラーノフ指揮、モスクワ国立交響楽団 (OVCL00287) (DMCC-26012)


c0193950_1427349.jpg



『チュルリョーニスの時代』(佐藤泰一・村田郁夫訳、ヤングトゥリープレス 2008)
c0193950_25865.jpg

リトアニアを象徴する作曲家・画家チュルリョーニスの伝記が発売になりました!
ピアノ曲の楽譜、詳細なディスコグラフィー、音楽作品リスト、参考文献目録も収録!

c0193950_11172377.jpg


HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2011-01-08 23:59 | 音楽