チュルリョーニスのCD その10 交響詩「森の中で」「海」と弦楽四重奏曲

チュルリョーニスのCDの10枚目は、1992年にフランスのシャン・デュ・モンドよりリリースされた交響詩「森の中で」「海」(バルシス版)と弦楽四重奏曲 ハ短調が収録されたものです。日本語解説がついたものもキングレコード (KKCC-130) よりリリースされています。

ソ連邦の最末期にモスクワで録音されましたが、このフランス盤が発売されたとき、すでにリトアニアは独立を回復していました。ランズベルギスが「初代国家元首」として、CDに序文を寄せているのはそのためです。歴史の大きな転換点を物語るアルバムです。

チュルリョーニス: 交響詩「森の中で」・「海」(バルシス改訂版)/弦楽四重奏曲ハ短調 フェドセーエフ/モスクワ放送交響楽団、ヴィリニュス弦楽四重奏団 (LDC 288004) (KKCC-130)
c0193950_17233711.jpg


交響詩を演奏しているのは、ヴラディーミル・フェドセーエフ指揮、モスクワ放送交響楽団。

弦楽四重奏を演奏しているのは、ヴィリニュス弦楽四重奏団です。

このCDは比較的多く流通しており、中古で手に入りやすいですし、交響詩と弦楽四重奏曲の両方を一枚で楽しめるお得な盤かもしれません。



『チュルリョーニスの時代』(佐藤泰一・村田郁夫訳、ヤングトゥリープレス 2008)
c0193950_25865.jpg

リトアニアを象徴する作曲家・画家チュルリョーニスの伝記が発売になりました!
ピアノ曲の楽譜、詳細なディスコグラフィー、音楽作品リスト、参考文献目録も収録!

c0193950_11172377.jpg


HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2011-01-22 23:59 | 音楽