ブリュッヘン+新日本フィル ベートーヴェン・プロジェクト 第4回 最終回 すみだトリフォニーホール

昨日(18日)夜のリハーサルではあまりにも崇高な第九交響曲に感激して涙が出てしまった。それだけベートーヴェンの交響曲には「なにかある」と感じた。

そして今日はいよいよブリュッヘン+新日本フィル ベートーヴェン・プロジェクトの最終回。

第4回
公演日2月19日(土)15:00開演
曲目交響曲第8番 ヘ長調 作品93 Symphony No.8 in F major, op.93
交響曲第9番 ニ短調 作品125 「合唱付き」 Symphony No.9 in D minor, op.125
リーサ・ラーション[ソプラノ]
ウィルケ・テ・ブルメルストゥルーテ[アルト]
ベンジャミン・ヒューレット[テノール]
デイヴィッド・ウィルソン=ジョンソン[バリトン]
栗友会合唱団[合唱]
栗山文昭[合唱指揮]

第8交響曲では第二楽章の軽快さに感動し、第四楽章の木管楽器の掛け合いもスムーズで木管セクションも少しずつ成長しているのを実感できた。

「第九」では、とりわけ第三楽章の完成度が高く、弦楽器セクションがブリュッヘンと作り上げてきた「ブリュッヘン・サウンド」をしっかりと聴かせてくれていた。

第四楽章では、バリトンが舞台袖から歌いながら登場する演出があり会場を沸かせていて楽しかった。それよりもなによりも昨日のリハでは「日本人コーラスだな」と思って聴いていた栗友会合唱団がひと晩で耳を疑うほど成長していて驚かされた。きっと昨晩ブリュッヘンに指摘された部分を特訓したのだろう。テノール・ソロが一部歌いそびれるハプニングがあったが、まぁ、そんなこともたまにはあるだろう。仕方あるまい。

結局、前回のハイドン・プロジェクト同様、今回も4回(記者会見やリハを含めたら計9回)も通ってしまった。全4回のうち、自分が一番印象に残ったのは第一回目の第一、第二、第三交響曲の日。ブリュッヘンらしい古楽アンサンブルのような面が随所にみられ、一生記憶に残る名演だったと思う。今回のプロジェクトでもブリュッヘン・マジックに魅せられ、幸せな気分で聴き終えることができた。

また機会があったら別プロジェクトをやってほしい。日本にいる限り必ず聴きに行きたいと思う。

全4回のチケット半券を郵送すると特典CDがもらえるというので、早速送ろう!

ロ短調ミサ曲はまだ考え中なのではあるが。。。


c0193950_11172377.jpg


HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]