<   2009年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧


昨日のリハーサルに続き、本日2月28日もすみだトリフォニー・ホールにて、フランス・ブリュッヘン+新日本フィルの HAYDN PROJECT 「ロンドン・セット」第四日目(最終日)を聴いてきました。

c0193950_14584442.jpg

最終回のプログラムは下記の通り、ハイドンのロンドン・セットから最後の3曲でした。

ハイドン作曲交響曲第102番変ロ長調Hob.I-102
ハイドン作曲交響曲第103番変ホ長調「太鼓連打」Hob.I-103
ハイドン作曲交響曲第104番ニ長調「ロンドン」Hob.I-104


リハーサルのときから、最終回はすばらしいものになる予感はしていたのですが、本当に心温まる最高のハイドンを聴かせてくださいました。

交響曲第102番変ロ長調では弦楽器の複雑で繊細なフレーズが多いのですが、機械的にならずにクリアーで、奏者全員のフレージングの方向性もしっかりと合っていて、しかもどこか心温まるアンサンブルにとても感動しました。

交響曲第103番変ホ長調「太鼓連打」の目玉はもちろん冒頭のティンパニで、ティンパニの完璧なトレモロに続いて、さまざまな地方の民族音楽の旋律に由来されるという主題が交互にあらわれ、低弦パートにしっかりと支えられた主旋律の美しいこと!思わず息をのんでしまいました。また、クラリネットがちょっとだけ活躍していたのも嬉しかったです。ハイドンはクラリネットを忘れてはいなかった!

交響曲第104番ニ長調「ロンドン」は、これも学生時代に演奏したことのある曲だったので、その時のことを頭のなかで回想しつつ、ブリュッヘンのテンポ設定は「少しゆったりめ」でしっかりと聴かせている演奏だなと思ったりしていました。冒頭部分のトゥッティも上品にまとまっていたし、またこの曲では、要所要所に弦楽器と管楽器が絡み合うフレーズが出てくるのですが、弦と管の息のあったアンサンブルが印象的で、このひと月のうちにずいぶんと趣が変わり、指揮者と演奏者が完璧に一体となり、ひとつの塊(かたまり)となって聴こえてきてすばらしかったです。

アンコールに、「ロンドン」交響曲の終楽章が演奏されたのですが、本当に本当にすばらしい演奏で、名残惜しく、「まだ聴いていたい!」と心の中でずっと思っていました。

ブリュッヘンは、指揮者用のちょっと高めの椅子に腰かけて、指揮棒を持たずに指揮をされているのですが、その大きな手、長い指から表現される細かいニュアンスまでもが演奏者さんたちにはきちんと伝わっているようで、「ブリュッヘン+新日本フィル」がこのひと月をかけて取り組んできた集大成ともいえる、指揮者と演奏者のばっちりと息のあったハイドン・イヤー、没後200年を飾る最高の演奏会でした。今回のバイドン・プロジェクトのおかげで、ふだん意識して聴くことのあまりないハイドンの後期の交響曲を集中して聴くことができ、とても有意義なひと月でした。

今回リハーサル3回と演奏会4回に足を運びましたが、ハイドン音楽に造詣の深い古楽アンサンブルのスペシャリスト、ブリュッヘンを海外から招いて、「ひと月間をかけてじっくりと取り組む」というこのプロジェクトのやり方が指揮者にもオーケストラにも最良の結果をもたらしたのではないか?と思いました。観客として聴いていた私にもオケの成長ぶりには目を見張るほどでしたので、今後もこのような「時間をかけてじっくりと取り組むプロジェクト」を期待したいです。

やはり、2,3回の公演のために足早に来日して、一週間も滞在しないで帰国してしまうような指揮者の招聘の仕方では、日本の国内オケがどんなに優れていても指揮者と演奏者が一体となって何かを成し遂げるのには限界があるのではないかと思った次第です。

**************************************************************************
c0193950_12162067.jpg

[PR]

今日は、チュルリョーニス・ファンの皆さまのご要望にお答えして、チュルリョーニスのCDを無料で試聴できるサイトをご紹介します。

c0193950_321032.gif

試聴できるのは、www.naxos.comというアメリカ・ナクソスのサイトで、メールアドレスとパスワードを登録するだけで、チュルリョーニスのみならず、ナクソスからリリースされているほとんどのCDの各トラックの25%をいくらでも試聴できてしまうという夢のようなサイトです。

日本のナクソスやmusic libraryとは異なりますのでご注意ください。

各CDのページ左側のPlease Log-in / Subscribe to play track. というところをクリックし、
Not yet a subscriber? Try Naxos.com for FREEをクリックして登録します。

ここでは、チュルリョーニスのCDのページのリンクのみ下記に載せておきます。
他の作曲家の作品を楽しみたい方は、www.naxos.comからアクセスしてください。

チュルリョーニスのCDで試聴できるのは下記の5枚です。

CIURLIONIS: Piano Works, Vol. 1
8.223549 Instrumental
c0193950_2584575.gif

CIURLIONIS: Piano Works, Vol. 2            
8.223550  Instrumental
c0193950_2591131.gif

CIURLIONIS: Sea (The) / In the Forest / Five Preludes
8.223323  Orchestral
c0193950_2593421.gif
                   
BALTIC ORGAN MUSIC
BIS-CD-561 Instrumental
c0193950_2595070.gif

Around The World In 80 Minutes
8.223003 Instrumental
c0193950_301481.gif


皆さまに少しでもチュルリョーニスの音楽を楽しんで頂けましたらこの上なく幸いです。

***********************************************************************
c0193950_12162067.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2009-02-27 23:59 | 音楽

最も尊敬している作曲家のひとりにドイツの作曲家マックス・レーガー (Max Reger, 1873-1916) がいます。今日は、以前から愛聴していた今井信子さん演奏のヴィオラ作品集がありますのでそれをご紹介します。

特におすすめはSonata for Viola and Piano in B flat major, Op. 107 です。この曲は、クラリネット・ソナタにもなっていて、自分もリサイタルで演奏したことがあり、後期ロマン派に属したレーガーらしい、変化に富んだ楽曲でお気に入りでした。同じ曲がヴィオラ用にも作曲されていることを知り、うれしくなってご紹介しました。ヴィオラ・ソナタの方は、弦楽器だけあって流れるように演奏されていて、こちらもまたクラリネットとは違った良さがあり、しみじみと繰り返し聴いていました。

c0193950_0403620.jpg

Reger: Music for Viola

Brautigam, Ronald, piano
Imai, Nobuko, viola

Romance for Viola and Piano (arr. H. Sitt)
3 Suites for Solo Viola, Op. 131d: Suite No. 1 in G minor
3 Suites for Solo Viola, Op. 131d: Suite No. 2 in D major
3 Suites for Solo Viola, Op. 131d: Suite No. 3 in E minor
Sonata for Viola and Piano in B flat major, Op. 107


* * * * *

また、この曲のクラリネット・ソナタ・ヴァージョンは、下記のカール・ライスター氏演奏のものがおすすめです。

マックス・レーガー作曲のクラリネット作品はどの作品も秀逸で、完成度も高く、演奏する者にとっても聴くものにとっても楽しめる作品ばかりだと思います。ロマンティックなメロディーもあれば、難解な転調を繰り返す場面もあり、変化に富んだレーガー作品を堪能できるアルバムです。元ベルリン・フィルの首席クラリネット奏者、カール・ライスター氏の個性的で柔らかいクラリネットの音色が耳に優しく、伴奏者との息もばっちり合った名演となっています。

c0193950_0593217.jpg

レーガー:クラリネット作品全集

**************************************************************************
c0193950_12162067.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2009-02-26 23:59 | 音楽

京橋にある東京国立近代美術館フィルムセンター展示室7階で行われている「無声時代ソビエト映画ポスター展」の第2期に行ってきました。

この展覧会では、ロシア・ソビエト文化研究家・翻訳家の袋一平(1897-1971)がコレクションしていた、140点にも及ぶソビエト映画のポスターを3期に分けて展示しています。

第1期 1月8日-2月1日 (終了)
第2期 2月3日-3月1日 (開催中)
第3期 3月3日-3月29日


c0193950_146577.jpg


ソビエト時代の映画についてはあまり詳しくなく、作曲家のプロコフィエフの音楽について研究していた頃、プロコフィエフが音楽を担当していたエイゼンシュテイン監督の映画、「イワン雷帝」や「アレクサンドル・ネフスキー」を鑑賞したくらいでしたが、今回の展覧会で展示されているポスターから映画をイメージできたものがひとつだけありました。「新バビロン」です。この映画はもちろん無声映画なのですが、1929年まだ若きショスタコーヴィチがこの映画のために管弦楽曲New Babylon, Op. 18を作曲しています。なんでも無声映画の映像に合わせてオーケストラによる生演奏が行われたとか。今回の展覧会でこの映画のポスターを観られたことは大きな収穫でした。

ここにCDShostakovich: New Babylon Film Musicを一枚だけご紹介しておきます。

c0193950_123546.jpg



第2期の展示は1929年に制作されたものがほとんどで、どのポスターも斬新な色遣いと構図が印象的で、観る者を飽きさせませんでした。これらが約80年も前の作品なのですから、信じられません。

ステンベルク兄弟の作品を中心に「道化師ジョルジュの祝賀興行」や「アルセナール(武器庫)」、「陽気なカナリヤ」、「新バビロン」、「暗き帝国」などが特に印象に残りました。

この展覧会は一風変わっていて、しかも観る者を圧倒させるポスターが多いので、おすすめです。

P.S. フィルムセンターの大ホールでは、日蘭通商400周年を記念して「オランダ映画祭2009」が開催中です。2月24日-3月15日まで。

************************************************************************
c0193950_12162067.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2009-02-24 23:59 | 美術

昨年から制作中と聞いていたリトアニア人映画監督ジョナス・メカス氏の新作映画『リトアニア、そして旧ソ連邦の崩壊』Jonas Mekas's Film "Lithuania and the Collapse of the USSR" が完成され、オランダのロッテルダムの国際映画祭で上映されました。4時間46分の超大作です。
また、つい最近までニューヨークのAnthology Film Archivesで上映されていたようで、ニューヨーク・タイムズ紙などでも大きく取り上げられていました。

c0193950_235037.jpg


内容は、メカス氏が記録していた、1989年~1991年のリトアニアがソヴィエトからの独立を回復した当時のテレビニュースの映像を中心に構成されていて、当時のリトアニアの最高会議議長(国家元首)であったヴィータウタス・ランズベルギス氏や、ソヴィエトのリーダーゴルバチョフ書記長、ロシアの大統領エリツィン氏、アメリカの大統領ジョージ H.W. ブッシュ氏(父ブッシュ)などが登場します。

'This video is hand-held footage I took from newscasts during the collapse of the USSR between 1989 and 1991. It can be viewed as a classic Greek drama in which the destinies of nations are changed drastically by the unbending will of a single man, one small nation determined to regain its freedom, backed by Olympus in its fight against the Might & Power, against the Impossible.'
(Jonas Mekas)

Part one: 75 min. Part two: 69 min. Part three: 75 min. Part four: 67 min.


詳しい英文記事は下記のサイトで読むことができます。

THE NEWYORK TIMES

THE VILLAGE VOICE

ANTHOROGY FILM ARCHIVES

INTERNATIONAL FILM FESTIVAL ROTTERDAM

TATE MODERN LONDON

日本国内での劇場公開が待ち遠しいですね!

************************************************************************

c0193950_12162067.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2009-02-21 23:59 | 映画

昨日のリハーサルに続き、本日2月20日もすみだトリフォニー・ホールにて、フランス・ブリュッヘン+新日本フィルの HAYDN PROJECT 「ロンドン・セット」第三日目を聴いてきました。

c0193950_20193991.jpg


今回のプログラムは下記の3曲で、今回から木管楽器セクションにクラリネットが加わりました!

ハイドン作曲交響曲第99番変ホ長調Hob.I-99
ハイドン作曲交響曲第100番ト長調「軍隊」Hob.I-100
ハイドン作曲交響曲第101番ニ長調「時計」Hob.I-101


回を重ねてきて指揮者もオケもお互いが良くわかってきたのか、ますます指揮者とオケの距離が縮まっているのを感じました。多少ピッチのブレなどがありましたが、今回の演奏会では木管楽器の存在感が増して、弦と管が一体化していて、ブリュッヘンの手腕のすばらしさを実感することができました。まるでどこかのピリオド楽器のオーケストラの演奏ではないか?と錯覚してしまうほど、ハイドンの後期の交響曲の多様さを上手く引き出せていたと思います。

特に交響曲第100番ト長調「軍隊」Hob.I-100は、自分もロンドン大学のオケでクラリネットの首席奏者をしていたときに演奏した思い出の曲で、最初から最後まで熟知しているので、ハイドン・イヤーに最高の演奏を聴けて感慨無量でした。第四楽章フィナーレではトルコの軍楽隊を思わせる打楽器隊が舞台を行進する場面もあって、ブリュッヘンの演出にも感動しました!

ブリュッヘンは古楽器アンサンブルのスペシャリストで「18世紀オーケストラ」という古楽器専門のオーケストラを結成したことでも良く知られています。ブリュッヘンがこの「18世紀オーケストラ」と録音したハイドン交響曲ロンドン・セット12曲のCDHaydn: 12 London Symphoniesが出ていますので、下記にご紹介しておきます。

c0193950_213337.jpg


それでは、2月28日(土)の最終日も楽しみに。


*************************************************************************
c0193950_12162067.jpg

[PR]

ヴィオラ奏者の今井信子さんについては、リトアニア人作曲家のヴィータウタス・バルカウスカス氏の《ヴィオラ・ソロのための2つのモノローグ》 Op. 71と《ヴァイオリンとヴィオラのための二重協奏曲》 Op. 122の2曲を世界初演したことや『ロシアのヴィオラ』というCDの件でこのブログでも取り上げましたが、先日新宿のジュンク堂書店の音楽書のコーナーで、『今井信子 憧れ ヴィオラとともに』を見つけて興味を持ったので購入してみました。

c0193950_0441372.jpg

これが、久しぶりに読んだすばらしい良書でした!

彼女がどのようにヴァイオリンやヴィオラに出会い、留学を決断し、その後も自らの決断で人生を切り拓いていかれたのか、その波乱万丈な、でも出会いに恵まれた不思議な半生がドラマティックに語られています。桐朋学園での日々、斎藤秀雄先生のこと、留学先でのこと、コンクールに望んだときのこと、楽器の盗難にあったこと、カルテットの取り組みの難しさ、家庭と演奏活動の両立、ヴィオラという楽器の魅力などなど。

巻末には、付録のミニCDも付いていて、なんとも彼女らしい本となっています。

この本を読んで、もう少しヴィオラが主役となっている楽曲を聴いてみたくなりました。
まずはベルリオーズの《イタリアのハロルド》を、またパウル・ヒンデミットのヴィオラ作品や武満徹さんの作品、ウォルトンのヴィオラ協奏曲もすばらしそうです。

今井さんがこの本のなかでおっしゃっていた「ノー・リスク、ノー・グローリー」という言葉が好きだという言葉が印象的でしたが、もうひとつ「私は、本当に人に恵まれてきたと思う。それが、私がここまで来る上で最大の幸運かもしれない。」という言葉にとても共感を覚えました。やはり「出会いが出会いを呼び、人生は拓けるのだ」と最近思うようになり、以前は人見知りしがちだった私もひとつひとつの出会いを大切にするようになりました。

ところで、最近音楽界で残念なニュースが流れました。この今井信子さんがアドヴァイザーを務められたこともあり、「ヴィオラスペース」の発祥の地でもあったお茶の水のカザルスホール(今は日本大学の所有)が、来年2010年の3月で閉館するとのこと。室内楽のためのホールとしては音響的にも最高で、立派なパイプオルガンがあることでも有名でしたが、なんとも残念です。

*************************************************************************
チュルリョーニスの時代』(佐藤泰一・村田郁夫訳、ヤングトゥリープレス 2008)
c0193950_25865.jpg

リトアニアを象徴する作曲家・画家チュルリョーニスの伝記が発売になりました!
ピアノ曲の楽譜、詳細なディスコグラフィー、音楽作品リスト、参考文献目録も収録!
[PR]
by ciurlionis | 2009-02-19 23:59 |

先日、イスラエルで行われた、村上春樹さんのエルサレム賞の授賞式の模様がテレビで放送されました。

彼は、授賞式への出席を迷っていたそうですが、「メッセージを伝えるために出席した」と記念講演会の場で最近のイスラエルによるガザ地区への攻撃を批判しました。

最近のイスラエル軍によるガザ地区の攻撃で、1300人にもおよぶ命が奪われました。多くの子どもや女性も含まれていたそうです。村上さんは「壁と卵」の話をされて、爆弾、戦車、ロケット弾、白リン弾は「高い壁」であり、それに対してなす術がない市民を「卵」にたとえて、「どんなに壁が正しく、どんなに卵が間違っていても、私は卵の側に立つ」と述べられていました。

この講演の詳しい内容は下記のサイトから読むことができます。
【英語全文】村上春樹さん「エルサレム賞」授賞式講演

人種や民族の問題だけで無実の民間人1300人もの命が短期間のうちに奪われてしまうという現実。もう21世紀だというのに絶えない紛争。もう少し世界が協同して紛争をなくす努力はできないのでしょうか?そう簡単にはいかないことなの分かっていても、これだけ多くの人々が亡くなったとなると冷静ではいられなくなりました。また、実際にイスラエルはパレスチナとの境界に壁を建設中で、攻撃は止められましたが、建設は続けられています。

このイスラエルとパレスチナの境界に建設中の壁については、2005年に公開された佐藤真監督のドキュメンタリー映画『エドワード・サイード OUT OF PLACE [DVD]』でも取り上げられていました。この映画では故・エドワード・サイード氏と関わりのあった知識人たちの証言などを交えながら、サイードの生涯を辿っています。

c0193950_20345885.jpg


ダニエル・バレンボイム氏とエドワード・サイード氏が対立状態にあるイスラエルとアラブ諸国(ヨルダン、シリア、レバノン)の若い音楽家たちを集め、その地域の和平を願って設立した、ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団(West-Eastern Divan Orchestra)の活動を追っていたら、このドキュメンタリーに辿り着いたのですが、この地域の問題を考える上でとても意味のある映画であると思いました。

サイード氏が2003年に逝去されてからは、バレンボイム氏がサイード氏の意思を引き継いで、このオーケストラの活動を継続し、2005年にはパレスチナ自治区のラマラでの演奏会を実現させました。バレンボイム氏については様々な意見が聞かれますが、彼とウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団の行ったこの演奏会は音楽の面からパレスチナの和平を訴える良い機会であったと思います。

村上さんの講演を聞いて、また「平和とは?」と考えさせられ、CD PEACE~平和への祈り~をひっそりと聴いていました。

c0193950_20374410.jpg


このCDは北欧やエストニアの作曲家による宗教合唱曲が収録されています。

ご覧の通り、ジャケットでは、「青空に羽ばたくハト」が採用されていています。ライナーノーツでは北欧の写真をみることもできて、リラックスするのにおすすめのCDです。

収録曲は下記の14曲。

1. 深き淵より(デ・プロフンディス)(ペルト)
2. 「エニグマ変奏曲」~ニムロッド「永遠の光(ルクス・エテルナ)」(エルガー)
3. 神の小羊(アニュス・デイ)(ペンデレツキ)
4. 「レクイエム」~永遠の安息を与えて下さい(レクイエム・エテルナム)(コッコネン)
5. 神よ,我らを戦いから守りたまえ(トルミス)
6. 「主の祈り(グロリア・パトリ)」~我ら皆,声を高めて(オムニス・ウナ)(シサスク)
7. 哀悼歌(クーラ)

8. アヴェ・マリア(ラウタヴァーラ)
9. 「学位授与式のためのカンタータ」~あなたを讃えます,創造主よ(シベリウス)
10. 「詩篇」~天国には喜びがある(クラミ)
11. 「8つの宗教歌」~夜の歌(レーガー)
12. スターバト・マーテル~終曲(クーラ)
13. 神の小羊(アニュス・デイ)(バーバー)
14. 「祝福されし高き三位一体」による 終曲~アンティフォナ(カイパイネン)

おすすめは、エストニアの作曲家ペルトの《深き淵より》、ポーランドの作曲家ペンデレツキの《神の小羊》、エストニアのシサスク、フィンランドのクーラ、シベリウスですが、このCDのなかでは一番良く知られているのではないかという点でサミュエル・バーバー(1910-81)の《神の小羊》が特におすすめです。また、私の大好きな作曲家で、唯一ドイツの作曲家マックス・レーガー(1873-1916)の《夜の歌》もぜひ聴いて頂きたい一曲です。

**************************************************************************
チュルリョーニスの時代』(佐藤泰一・村田郁夫訳、ヤングトゥリープレス 2008)
c0193950_25865.jpg

リトアニアを象徴する作曲家・画家チュルリョーニスの伝記が発売になりました!
ピアノ曲の楽譜、詳細なディスコグラフィー、音楽作品リスト、参考文献目録も収録!
[PR]
by ciurlionis | 2009-02-17 23:59 | 音楽

本日2月15日(日)も、すみだトリフォニー・ホールにて、フランス・ブリュッヘン+新日本フィルの
HAYDN PROJECT 「ロンドン・セット」第二日目を聴いてきました。

c0193950_2313583.jpg


今回のプログラムは下記の3曲でした。

交響曲第94番ト長調「驚愕」Hob.I-94
交響曲第98番変ロ長調Hob.I-98
交響曲第97番ハ長調Hob.I-97


前回にも増して指揮者と演奏者の呼吸が合っていて、前回はぎこちない部分がいくつかあったものの、今回は指揮者の意図と演奏者の自発性が上手く噛み合っている感じがしました。

「驚愕」シンフォニーのAndante楽章のティンパニのffの一撃も上手く決まっていたし、交響曲第98番の冒頭の弦楽器のアンサンブルがすばらしく、最終楽章では渡邊順生さん演奏のフォルテピアノが優しく奏され、ハイドンの交響曲が時折みせる優しいフレーズにまたほのぼのとしてしまったのでした。交響曲第97番ハ長調の第一楽章のゲネラル・パウゼもバッチリ決まり、さすがブリュッヘン!と大拍手を送りました。

本日のブリュッヘン氏は心なしか足取りも軽くなっていたような気がしたのですが…

次回2月20日(金)の公演がますます楽しみになりました。

*********************************************************************
チュルリョーニスの時代』(佐藤泰一・村田郁夫訳、ヤングトゥリープレス 2008)
c0193950_25865.jpg

リトアニアを象徴する作曲家・画家チュルリョーニスの伝記が発売になりました!
ピアノ曲の楽譜、詳細なディスコグラフィー、音楽作品リスト、参考文献目録も収録!
[PR]

チュルリョーニスを生んだ国、リトアニアのつながりで最近一枚のCDを繰り返し聴いていました。

c0193950_12211118.jpg


わずか15歳のリトアニア出身のハープ奏者アイステ・バリューニテの 「ハープ・レボリューション」 というデビューCDで、古今東西のハープ作品を取り上げて録音しています。

CDケースを開けるとかわいらしいピンク色のCDが。何とも15歳の少女のデビューCDにふさわしいデザインで、立派なハープの写真も載っています。使用されている楽器は青山ハープ: Apollon 47S (WN)だそうです。日本製のハープが使われているなんて嬉しいですね!

若干15歳の少女の演奏とは思えないほどしっかりとしたテクニックで風格のある演奏をされています。

収録曲は下記の23曲。すべてオリジナル作品だそうです。

1. グラズノフ: バレエ音楽「ライモンダ」作品57~前奏曲とヴァリアシオン
2. ベートーヴェン: スイス民謡による変奏曲WoO64
3. ワーグナー: 「ワルキューレ」第3幕フィナーレ
4. フランク: 初見用小品
5. ドリーブ: 初見用小品
6. フンパーディンク: 夜曲
7. 雨田光平: 初夏草心抄
8. コステラネッツ: ルイーズ湖
9. トゥルニエ: 古き日本のパステル画 作品47第1曲 桜木を抜ける風の子守歌
10. トゥルニエ: 古き日本のパステル画 作品47第2曲 聴く者なき琴うた
11. トゥルニエ: 古き日本のパステル画 作品47第3曲 剣の舞

12. クローヴァ: レント・カンタービレ
13. チェレプニン: 全音階的カプリス 第1曲 アニマート
14. チェレプニン: 全音階的カプリス 第2曲 アレグレット
15. チェレプニン: 全音階的カプリス 第3曲 レント
16. チェレプニン: 全音階的カプリス 第4曲 アレグロ

17. 石田一郎: 牧歌
18. フォーレ: 塔の中の王妃 作品110
19. シフリン: コンティヌウム
20. ニーノ・ロータ: サラバンドとトッカータ サラバンド
21. ニーノ・ロータ: サラバンドとトッカータ トッカータ
22. ジョン・ウィリアムズ: ハリー・ポッターと賢者の石~フラッフィーのハープ
23. ジョン・ウィリアムズ: ハリー・ポッターと賢者の石~ヘドウィグのテーマ

おすすめは、20世紀最大のハープ奏者であったトゥルニエのジャポニスム作品と、日本にも多くの教え子を残したチェレプニンの作品です。

また、雨田光平作曲《初夏草心抄》などを聴くと、西洋の「ハープ」の音が、東洋の「琴」の音に聴こえるような不思議な感覚になりました。

これだけたくさんのオリジナル作品を収録し、しかも時代もジャンルも様々ですので、ハープという楽器をこのCD一枚で堪能することができました。


*****************************************************************

チュルリョーニスの時代』(佐藤泰一・村田郁夫訳、ヤングトゥリープレス 2008)
c0193950_25865.jpg

リトアニアを象徴する作曲家・画家チュルリョーニスの伝記が発売になりました!
ピアノ曲の楽譜、詳細なディスコグラフィー、音楽作品リスト、参考文献目録も収録!
[PR]
by ciurlionis | 2009-02-14 23:59 | 音楽