今年は旧ソ連が生んだ作曲家アルフレート・シュニトケ (1934-1998) の生誕75周年であるという。

今日は、シュニトケ作品の日本初演があり、しかも指揮は御年78歳のゲンナジー・ロジェストヴェンスキーだというので、池袋の東京芸術劇場まで足を運んだ。

私がシュニトケの音楽と出会ったのは、ロンドン大学大学院で音楽学を学んでいたときのこと。シュニトケの大親友であったチェリスト、アレクサンドル・イヴァシュキン教授の許でシュニトケの作品数曲を楽曲分析をしながら聴いたのだった。

イヴァシュキン教授(イワーシキン、イヴァシキンとも言われている)は、故・ロストロポーヴィチ氏にその実力を認められたチェリストであり、シュニトケ作曲のチェロのための作品もCDに録音しているし、シュニトケについてまとめた著書も執筆している。その邦訳『シュニトケとの対話』 が春秋社から出版されている。

『シュニトケとの対話』 アレクサンドル・イヴァシキン著、秋元里予訳 春秋社 2002

c0193950_1533513.jpg


ロンドンでは11月15日から12月1日まで、ロンドン・フィルと指揮者のウラディーミル・ユロフスキが中心となり、シュニトケ・フェスティヴァルが開催されている。2週間以上まるまるシュニトケの生涯や作品を探求するイヴェントなのである。うらやましい限りだ。

イヴァシュキン教授も、奇しくも本日11月28日にロンドンのロイヤル・フェスティヴァル・ホールでシュニトケのチェロ協奏曲第二番をロンドン・フィルと演奏するとのこと。ロンドン在住の友人が聴きに行くというのでよろしく伝えてもらえるようお願いしておいた。

東京のシュニトケ・プログラムは下記の通り:

2009年11月28日(土) 14:00 東京芸術劇場
指揮:ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー
ヴァイオリン:サーシャ・ロジェストヴェンスキー
メゾ・ソプラノ:坂本 朱
管弦楽:読売日本交響楽団
合唱:新国立劇場合唱団

《シュニトケ生誕75年》
◆シュニトケ:
 リヴァプールのために【日本初演】
 ヴァイオリン協奏曲第4番
 オラトリオ〈長崎〉【日本初演】


いずれの作品も誰のものでもないシュニトケらしいもので、読響と新国立劇場合唱団の演奏もすばらしいものだった。特にシュニトケの初期作品である「オラトリオ〈長崎〉」は、シュニトケの早熟さを示す意味のある作品である。ショスタコーヴィチの作品よりも上を行っているかもしれない。

ロジェストヴェンスキーの淡々とした指揮も健在だった。演奏者のもつ能力をとても良い形で引き出していて、コンパクトではあるが洗練されたシュニトケになっていた。やはりこの作品を指揮するのにふさわしい人物のひとりであると改めて感じさせられた。

ケープ・フィルが2006年に初演し、録音したCDがBISから発売されている。

アルフレート・シュニトケ: オラトリオ〈長崎〉、交響曲0番

c0193950_15283212.jpg


なんでも2009年夏のBBC PROMSの8月24日にゲルギエフがロンドン交響楽団と200人余りのコーラスを率いてオラトリオ〈長崎〉をロンドン初演したのだそう。そのうちCDになってくれることを願うばかりだ。

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2009-11-28 23:59 | 音楽

おばさん歌姫として一躍有名になったスコットランド人のスーザン・ボイル (Susan Boyle) さん。You Tubeで公開されたオーディション番組の映像には3億人がアクセスしたそうです。

彼女のもつ美しい歌声に誰もが魅了されたことでしょう。

音楽を志したことのある自分にとっても、彼女のような歌姫の出現は嬉しく、長い間注目していました。

先日11月25日にはスーザンのデビュー・アルバムとなる「夢やぶれて」が発売になりました。案の定、ちょっと聴いただけで涙がでてきてしまうほど素晴らしい歌声でした。

いずれも彼女が自ら選んだという世界の名曲から13曲が収録されています。日本盤にはボーナストラックとして「翼をください」がついています。

下記のアマゾンのサイトでは試聴もできますので聴いてみてくださいね。

スーザン・ボイル デビューアルバム 「夢やぶれて」

c0193950_23171992.jpg


追記: 彼女が大晦日のNHK紅白歌合戦に出演するらしいです。


HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2009-11-27 23:22 | 音楽
c0193950_19351675.jpg

「いままでの人生で最良の日であったかも知れない。」 

ここ数年リトアニアを中心にバルト三国やその周辺諸国の音楽や文化に興味を持ち続けてきた自分にとって、そう思えた一日だった。憧れの存在であったチュルリョーニス研究の第一人者でリトアニアの元最高会議議長ヴィータウタス・ランズベルギス氏の演奏するチュルリョーニスを日本で聴く夢がかなったのである。

11月19日にランズベルギス氏が来日され、今日は午前中の日本記者クラブでの記者会見の後、19:00から代官山のヒルサイドプラザでレクチャー・コンサートが開催された。

対談のお相手は東京大学大学院教授の沼野充義氏。沼野氏は1992年のランズベルギス氏の初来日の際にも対談されたことがあり、中央公論1992年6月号に『リトアニア「勝利の歌」とわたし』と題して対談記事が載っていた。

ランズベルギス氏の来日は私の知る限りでは、リトアニアのソ連邦からの独立回復直後の1992年のセゾン美術館での「チュルリョーニス展」、1995年のワタリウム美術館での「フルクサス展」、2005年の愛知万博についで、今回で4回目ではないだろうか?今回の来日の主たる目的は、22日に青山学院大学で行われる「ベルリンの壁崩壊20周年記念国際会議」への出席だそうである。

このたびのレクチャー・コンサートは、初めにリトアニア大使よりランズベルギス氏のご紹介があり、次いでランズベルギス氏によるチュルリョーニスのピアノ作品10曲の演奏があり、その後ランズベルギス氏と沼野氏との対談形式でチュルリョーニスやリトアニアについてのトークが行われた。

レクチャーのタイトルは昨年末発売になった日本語版チュルリョーニスの伝記『チュルリョーニスの時代』から取られ、その原書のタイトル "Čiurlionis. Time and Content" の "Time and Content"の意味が著者のランズベルギス氏から詳しく説明された。文字通り訳すと「時間と内容」となるところであるが、「時間が経過するに従って内容となる芸術が生まれ、さらに時間が経過すると真の芸術になる」ようなことをおっしゃっていた。

演奏されたチュルリョーニスのピアノ作品10曲は下記の通り:

1. 6音列 a-d-f-b-es-ges の主題によるプレリュード ニ短調 (VL 256)
2. 聖霊降臨祭のための音楽 (VL 337a)
3. “Sefaa Esec” の主題によるピアノのための変奏曲 (VL 258)
4-7. リトアニア民謡より 4曲 :
     風は吹いたか (VL 274)
     少女はでかけた (VL 278)
     おお、森よ、森よ (VL 276)
     お母さん、もう少し眠らせて (VL 281)
8. プレリュード ト長調 (VL 338)
9. 連作風景「海」より 第二曲 (VL 317b)
10. 秋 (VL 264)


演奏の背後にはチュルリョーニスの描いた絵画のスライドが投影され、チュルリョーニスの音楽と絵画両面を堪能できる良い機会となった。すべての曲が印象的で、夢のような生演奏の時間はあっという間に過ぎてしまった。そういえば、「お母さん、もう少し眠らせて」 (VL 281) と「プレリュード ト長調」 (VL 338) は、ジョナス・メカス氏の映像日記のなかにランスベルギス氏が登場したときも弾いていた曲である。もしかしたらランズベルギス氏にとって思い入れのある曲なのかもしれない。

チュルリョーニスは絵画作品に「ソナタ」と名づけたり、音楽作品にも「連作風景」と名付けたりしていることを考えると、「音楽的絵画」と「絵画的音楽」はたまた「音楽と絵画の総合藝術」を目指していたのかもしれない。

チュルリョーニスの遺した抽象的傾向の絵画(カンディンスキーにも影響を与えたとされる)や、12音技法に先駆けて音列構造を採用した音楽作品などからは、彼がリトアニアの生んだ天才で、常に時代の最先端を行っていたということが強く感じられ、このたびのレクチャー・コンサートではその一部を垣間見ることができとても有益であった。

レクチャー・コンサート終了後に小さなレセプションが催された。1992年にヴィリニュスで出版された原書 "Čiurlionis. Time and Content" を持参し、ランズベルギス氏からサインを頂戴した。手を差し出すと、大きなぬくもりのある手で固く握手をしてくださった。とてもお優しい懐の深い方であった。

22日の国際会議では、音楽学者ではなく、政治家としてのランズベルギス氏の講演を拝聴できる良い機会となることであろう。


 『チュルリョーニスの時代』(佐藤泰一・村田郁夫訳、ヤングトゥリープレス 2008)

c0193950_25865.jpg

リトアニアを象徴する作曲家・画家チュルリョーニスの伝記が発売になりました!
ピアノ曲の楽譜、詳細なディスコグラフィー、音楽作品リスト、参考文献目録も収録!
[PR]
渋谷のHMVに立ち寄ってみたらクラシックフロアが4Fになっていた。。

そこで、ブレンデルの引退コンサートのCDなどを試聴してから、ふと音楽雑誌のコーナーに目をやると、BBC MUSIC MAGAZINE DECEMBER 2009が販売されていた。

昨年も12月号にプロコフィエフを取り上げていて購入した記憶があるが、今年の12月号もすごかった!

表紙をみるとなんと
"Prokofiev Violin Concerto No. 2: Premiere Recording from 1936"
とあるではないか!

ヴァイオリン協奏曲第2番の初録音が残っていたとは!さすがBBCアーカイヴである!

ヴァイオリンを演奏しているのは、フランス人ヴァイオリニスト、ロベール・ソエタンス (Robert Soëtens) で、彼は日本でもヴァイオリンを教えていたことがあり、今井信子さんのご本にも「ソエタン先生」という名前で登場している。

下記のサイトで試聴もできる。
BBC MUSIC MAGAZINE DECEMBER 2009

c0193950_1471785.jpg


付録CDの詳細は下記の通り:
Sergey Prokofiev (1891-1953)

Violin Concerto No. 2 in G minor, Op. 63
Robert Soetens (1897-1997) (violin)
BBC Symphony Orchestra
Sir Henry Wood (conductor)
recorded live at the 7th Season of Sunday Orchestral Concerts,
Queen's Hall, London on 20 December 1936.


Violin Sonata No. 2 in D, Op. 94
James Ehnes (violin)
Andrew Armstrong (piano)
recorded live at Wigmore Hall, London on 9 March 2009.


この作品は1935年に作曲され、第一楽章はパリにて、第二楽章はヴォロネジで、そして最終的なオーケストレーションはバクで行われたとされる。また、同年12月1日にマドリードで初演された。

この記念すべきCDのノーツは、もっとも尊敬している恩師のひとり、デイヴィッド・ニース氏が執筆している。
プロコフィエフの自伝によれば、彼は「ヴァイオリン協奏曲第2番を第1番とは音楽と形式の点で異なったものにしたい」と言ってたそうである。確かにトロンボーンやテューバは使われていないし、オーケストレーションも一風変わっている。また、「パーカッション奏者はひとり」と限定しているとのこと。

ご興味のある方は下記のサイトからご購入が可能です。ぜひどうぞ↓

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2009-11-13 23:59 | 音楽

6月にNHKのBSで、「BS20周年選 シリーズ ユーゴスラビアの崩壊」と称し、6回シリーズのドキュメンタリーが再放送されていた。

それを観て1989年のベルリンの壁崩壊後に始まったユーゴスラビアの解体についてわかった気になっていたのだが、やはりこの地域の問題は奥が深い。

夏に、リトアニアのヴィリニュス大学に留学した際に、クロアチア人のバスケットボール選手のコースメイトがいたので、当時の話を聞くことができてますます興味は深まっていた。

6月以降、ユーゴ地域の勉強も兼ねて、クストリッツァ監督の『アンダーグラウンド』、『黒猫・白猫』、『ウェディングベルを鳴らせ!』や、タノヴィッチ監督の『ノーマンズ・ランド』などの映画を観ていたのだが、ユーゴ紛争を知る上で必見とされる『ブコバル』は観ていなかった。

奇しくもベルリンの壁崩壊20周年の昨日、オーダーしておいた『ブコバル』が届いていた。

1993年8月から11月にかけて実際に戦地となっていたブコバルで撮影されたというこの映画は、1989年11月のベルリンの壁が崩壊するシーンから始まる。

民族の壁を超えて結婚したセルビア人のトーマとクロアチア人妻のアナ。幸せなときも長くは続かず、次第に民族間の紛争が激化していく。トーマは、ユーゴ連邦軍の兵士として召集され、アナは実家に戻るも家と両親を失い再び戦火のブコバルに戻ってくる。

そこで狙撃兵として派遣されたトーマと再会し喜び合うのも束の間、昨日までの友人が敵となっている現実があった。

建物という建物がほとんどすべて破壊され、紛争は終結。戦地を跡にしようとトーマがバスに乗り込むと、もう一台のバスにはトーマの子どもを抱いたアナの姿が。おたがい戦火を逃れて生き延びていたのだった。

ベルリンの壁が崩壊し、冷戦が終結してから20年だが、その後も世界のどこかでは戦いが続いている。これを昔のことと思わずに、今もなお起こりうることなのだと考え今後も語り継いでいくべきではないかと思った。

ブコバル ~ブコバルに手紙は届かない~ [DVD]

c0193950_1334186.jpg



HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2009-11-10 00:01 | 映画

今日2009年11月9日はベルリンの壁が崩壊してから20年です。

それを記念した行事が赤坂のドイツ文化会館で行われます。

16:00-21:30

詳しくは下記のPDFチラシをごらんください。

 ドイツ文化会館 オープンハウス



HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2009-11-09 00:01 | その他

ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜外野手が、ワールドシリーズでひと試合に6打点をマークし、チームを優勝に導き、日本人選手初のMVP(Most Valuable Player)に選ばれました。

松井選手と自分は歳こそは違うけれど誕生日がいっしょなのでなんとなく親近感をもって見守ってきたのですが、そんな松井選手が歴史的快挙を達成したのをみて、自分のことのように嬉しく思いました。

彼は今年でヤンキースとの契約が切れるそうなのですが、残留であれ、移籍であれ、今後も応援していきたいと思います。

たまにこういう老若男女だれでも喜びを分かち合えるニュースがあると、日本全体が明るくなりますね。

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2009-11-05 23:59 | その他

先日のナヴァサルジャンさんのピアノ・リサイタルの際に購入したCDを聴いてみた。

c0193950_233041100.jpg


収録曲は下記の通り:

Aram Khachaturyan: Concerto for Piano with Orchestra
Symphonic Orchestra of Armenian Radio and Television
Conductor: Raphael Mangasaryan


Three fragments from ballet "Gayane"
Free piano version by Svetlana Navasardyan


Nobuo Terahara: Romance

Aram Khachaturyan: Toccata


先日のリサイタルのときに感じた優しい包容力のある音色とは打って変わり、このCDに収録されている彼女の弾くハチャトゥリヤンのピアノ協奏曲は、とても男性的で鋼鉄のように硬くクリアーな音色だった。

オーケストラの演奏も情熱的な民族色の濃いものとなっている。時折現れるバスクラリネットのソロはピアノの硬質な音色と対照的で、まるく表情のある良い演奏。

また、ハチャトゥリヤンの許で学んだ唯一の日本人である寺原信夫さんの "Romance" も収録されている。シンプルだが完成度の高い作品である。

アルメニアというと、普段はパラジャーノフ監督の映画を観たり、クラシック音楽ではコミタスやマンスリアンに興味をもって聴いている。こういう機会でもない限りハチャトゥリヤンに注目することはあまりないので、今日は読書をしながらこのCDを4,5回かけてとことんハチャトゥリヤンに聴き入った。

ハチャトゥリヤンのピアノ協奏曲は1936年に作曲されたそうだが、プロコフィエフは1935年にソ連に永久帰国し、1936年にはあの有名な「ピーターと狼」を作曲している。

c0193950_10261484.gif

[PR]
by ciurlionis | 2009-11-01 23:59 | 音楽