最近はバタバタとして自分の時間が取れないのですが、そんななか今日は半蔵門にある日本語教育書籍専門店によってから、六本木の国立新美術館で開催中のルノワール~伝統と革新~」展へ足を運びました。

金曜日の夜は20時まで開館していてひとも少ないので、ルノワールの絵画がほとんど独り占め状態で鑑賞できました。

c0193950_21503142.jpg


80点ほどある展示作品のなかで目を引いたのはやはり海外からやってきた数点でした。

世界有数の質の高いルノワールコレクションを所有しているクラーク・アート・インスティテュート(クラーク美術館)所蔵の《テレーズ・ベラール》、《扇子を持つ若い女》を始め、私がロンドンのナショナル・ギャラリーで気に入って見ていた《湖畔の風景》、ボストン美術館所蔵の《ブージヴァルのダンス》、《野原で花を摘む娘たち》、《シャトゥーのセーヌ河》、またワシントン・ナショナル・ギャラリー所蔵の《花瓶の花》という作品もルノワールらしくなく地味な作品でしたが丁寧に描かれていて印象的でした。

シカゴ美術館所蔵の《縫い物をする若い女》という作品が今回の自分のなかのベストでした。ただ、売り切れていたのか、この作品の絵葉書が売っていなくて残念。
c0193950_12015100.jpg


ルノワールはモネと違って良い意味でも悪い意味でも生涯で作風が変化し続けた画家であったということがこの度の展覧会で概観することができ有意義でした。

展覧会図録も販売されていたのでざっと見てみたのですが、色彩の感じが実物とは違っていたので購入しませんでした。

c0193950_23203823.gif

             

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2010-01-29 23:59 | 美術

2010年2月19日(金)~2月28日(日)まで恵比寿の東京都写真美術館で行われる「恵比寿映像祭」にジョナス・メカス (Jonas Mekas) 氏の作品が出品されることになりました。

詳しくは下記のサイトをご覧ください。

 「恵比寿映像祭」

c0193950_946147.gif


また、1月30日(土)に下記の洋書 "Jonas Mekas" が発売になります。

現在、Amazonで予約を受け付けています。ご興味のある方はぜひどうぞ。

"Jonas Mekas" (ペーパーバック)
c0193950_9521068.jpg

c0193950_23203823.gif


             

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2010-01-24 00:01 | 美術

最近は、たまたまだが読売日本交響楽団の演奏を聴く機会が多い。

今日は、世界的に活躍している女性指揮者、マリン・オルソップが読売日響を指揮するというのでサントリーホールに行ってきた。

c0193950_1427437.jpg

2004年にロンドンで彼女の指揮するボーンマス交響楽団の演奏を聴いて、そのすばらしさにいたく感動して以来、オルソップが来日したらもう一度聴いてみたいと思っていた。

演奏プログラムは下記の通り:

《バーバー生誕100年》
◆バーバー:
 交響曲第1番
《マーラー・イヤープログラムI》
◆マーラー:
 交響曲第1番〈巨人〉 


バーバー (1910-1981) は今年生誕100周年記念であり、マーラー (1860-1911) は今年生誕150周年と、来年没後100年であり、いずれも記念年。

記念年であるふたりの作曲家の交響曲第1番で揃えられたプログラムも良く考えられていたと思う。

実際の演奏は、練習時間が短かったのか、指揮者もオーケストラも彼らのもつ本来の力が出せていないように感じた。

バーバーは作品自体が少々単調なせいもあって、どこがクライマックスなのかもわからずに気が付いたら曲が終わっていた。オルソップはバーバーの作品を得意としており、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団との録音もしているので機会があったら聴き直してみたい。

バーバー:管弦楽作品集第1集

c0193950_10373436.jpg


マーラーの交響曲に関しては、前回この曲を聴いたのがロンドン・フィルの演奏で、そのイメージが脳裏に焼き付いており、読響にもロンドン・フィルのような重厚な演奏を期待していたので、今日の演奏は少々期待外れ。

各楽章の冒頭部分では弦楽器セクションの集中力のあるアンサンブルや弦・管楽器のソロが「イイ演奏になりそう~」と予感させるだが、その後が続かない感じだった。ホルンが8本もあって、クライマックスでは全員立って吹いているにもかかわらず、海外オケの半分くらいの音量と迫力でガッカリ。。。

オルソップの指揮も、読売日本交響楽団の演奏も「こんなはずではない」ので、今日は「残念」の一言に尽きました。

1月26日(火)の芸術劇場と27日(水)のサントリーホールでの公演は、ヴァイオリニストのライナー・ホーネック(ウィーンフィル首席奏者)も登場されるとのことなので、そちらに期待したいですね。ホーネックの演奏は、自己主張の少ない自然な演奏なのにしっかりと聴かせるところがすばらしく、おすすめです。

オルソップとボーンマス交響楽団のコンビでは、武満徹氏の作品が録音されています。ご興味のある方はぜひお聴きください。

武満徹:鳥は星形の庭に降りる/精霊の庭/ソリチュード・ソノール/他(ボーンマス響/オールソップ)

c0193950_1054035.jpg


c0193950_23203823.gif

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]

昨年末に友人から勧められていた展覧会「没後90年 村山槐多 ガランスの悦楽」展を観に松濤美術館まで足を運びました。

c0193950_12264682.jpg
                      「カンナと少女」 (1915)

わずか22歳で夭折した村山槐多(1896-1919)の画家としての活動期間は5年ほどであったとされています。絵画作品のほとんどが紙に木炭で描いたスケッチなのはそのためだと思われます。この度の展覧会では代表作である数少ない油彩画や水彩画を一度にみられたのでとても貴重な機会であったと思いました。しかも詩人としての彼の才能にも触れられて有意義でした。

17日までですがご興味のある方はぜひどうぞ。18:00まで開館しています。


c0193950_23203823.gif

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2010-01-17 00:01 | 美術

昨年はバレエ・リュス誕生100周年であったのですが、今日からそのバレエ・リュスやストラヴィンスキーについて取り上げた映画『シャネル&ストラヴィンスキー』が公開されるというので、渋谷まで足を運びました。

c0193950_1212748.jpg


この映画は、1913年にディアギレフ率いるロシアバレエ団、バレエ・リュスがパリのシャンゼリゼ劇場でストラヴィンスキー作曲のバレエ『春の祭典』を初演したときの大混乱の話からはじまり、その公演後に現れたパトロン、シャネルとストラヴィンスキーの微妙な関係、その当時にシャネルが生んだ香水"CHANEL No. 5"の話、その後の『春の祭典』再演が大成功に終わる話などが取り上げられていました。

ストラヴィンスキーの『春の祭典』再演の背景にはこんなドラマがあったのか、と勉強になりました。


c0193950_23203823.gif

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2010-01-16 23:59 | 映画

日本語を学んでいる外国人の友人から「日本の地理を勉強したい」と言われ、アマゾンでいろいろと検索していたら、このようなものが出てきた。これらは子どもだけでなく大人も楽しめるかもしれない。
くもんのNEW日本地図パズル
c0193950_11385159.jpg

なんでも、「くもんのNEW日本地図パズル」は、2009年日本おもちゃ大賞のベーシック・トイ部門で優秀賞に輝いたものらしい。

そんなに重量もないのでこれを贈ることにした。ひらがなのシールもついている。

くもんの世界地図パズルというものもある。
c0193950_1350527.jpg

それと同時に 「世界の国旗100」という製品も見つけた。これは世界地図の上に国旗を立てられるようになっていて国の位置と国旗の模様を覚えられるようになっている。

世界100国限定のため、残念ながら私のお気に入りのリトアニア、ラトヴィア、エストニアは対象外なのですが、こちらは自分用に購入。
c0193950_11414485.jpg

しばらくは世界の国旗に注目してみたいと思います。

みなさまもいかがでしょうか?

c0193950_23203823.gif

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2010-01-11 23:59 | その他

お天気も回復してきたので重い腰を上げて近所の神社へ初詣に出かけた。

c0193950_11263860.jpg


今年一年の抱負を胸に祈りを捧げ、さっそく今年第一回目のおみくじをひいてみた。

結果は「中吉」。昨年「」を連続して2回ひいてかなり凹んでいたので、まずまずのスタートに安堵した。

境内に天然記念物「君が代石」というものを発見。

c0193950_11275494.jpg


この石が君が代で「ちよに~やちよに さざれ~いしの~」と歌われたさざれ石とのことだが、一般的にさざれいし(細石)とは小石や細かい石のことを指し、どこにでもあるらしい。

c0193950_23203823.gif

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2010-01-04 23:59 | その他

友人がフランスからコーヒーを買ってきてくれました。

その名も、CARTE NOIRE (カルト・ノワール)。

c0193950_16213812.jpg
c0193950_16215033.jpg


このコーヒーに出会ったのはロンドンに留学中のときのこと。濃厚で本当に美味しいコーヒーが、修士論文の執筆を支えてくれたのでした。

ヨーロッパの各都市のスーパーにはだいたい置いてある市民になじみのあるコーヒーなのですが、なぜか日本では売られていません。インスタント、粉、豆があります。

誰か輸入してくださ~い。


c0193950_23203823.gif

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]

みなさま、

あけまして おめでとう ございます

c0193950_153919.jpg
ウォルター・クレインの絵本より「鬼百合」tiger lily.

みなさまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

今年もこの「藝術クロスオーバー」をよろしくお願いいたします。

さて、毎年元旦に考えるのが、その歳が記念年の作曲家、指揮者、芸術家などについてです。

今年が記念年(生誕や没後○○年など)にあたる芸術家たちは下記の通り。

マーラー生誕150年
ペルゴレージ生誕300年
ケルビーニ生誕250年
ショパン生誕200年
ロベルト・シューマン生誕200年
ブルグミュラー生誕200年
バーバー生誕100年
ライネッケ没後100年
バラキレフ没後100年

2010年 ホルヘ・ボレット(ピアニスト)没後20年
エドヴィン・フィッシャー(ピアニスト)没後50年
ディミトリー・ミトロプーロス(指揮者)没後50年
ジョージ・セル(指揮者)没後40年
サー・ジョン・バルビローリ(指揮者)没後40年
レジナルド・グッドオール(指揮者)没後20年
ジャン・マルティノン(指揮者)生誕100年
ルドルフ・ケンペ(指揮者)生誕100年
レナード・バーンスタイン(作曲、指揮者)没後20年
カール・ミュンヒンガー(指揮者)没後20年
黒澤 明(映画監督)生誕100年

マーラーは交響楽ファンがチェック済みでしょうし、ショパンやシューマン、ブルグミュラーもピアノを習ったことがある方なら数曲は弾いた経験をお持ちのことでしょう。

私は個人的にライネッケとバラキレフを応援したいと思っています。ライネッケは私が研究しているリトアニアの作曲家・画家チュルリョーニスの先生ですし、バラキレフはロシアを代表する作曲家グループ「ロシア五人組」のひとりであり、イスラメイを代表とする本当に美しい珠玉のピアノ曲をたくさん残している作曲家なのですから。

これを機会にロシア五人組の音楽を聴いてみるのも良いかも知れませんね。

昨年発売になったピアニスト、ホロヴィッツの未発売録音CDには、そのバラキレフ作曲のイスラメイや、ショパン、シューマンも収録されていて聴きごたえバッチリです。神業としか思えないこのイスラメイを聴いてみてください。

ホロヴィッツ未発表カーネギー・ホール・ライヴ[2]~シューマン:幻想曲、ショパン:舟歌、リスト:伝説~水の上を歩くパオラの聖フランチェス、バラキレフ:イスラメイ

c0193950_14403644.jpg


c0193950_23203823.gif

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2010-01-01 23:59 | 音楽