今年没後400年記念を迎えた絵師長谷川等伯の特別展を観に上野の東京国立博物館まで足を運びました。

金曜日は20時まで開館しているので忙しい方には便利かも知れません。

長谷川等伯 (1539-1610) は、石川県能登七尾生まれの絵師で、あの狩野永徳をも脅かしたことのある実力の持ち主。豊臣秀吉や千利休らに重用されたこともあったそうです。

等伯は30歳くらいまでは信春(のぶはる)と名乗り、日蓮宗寺院に関わる仏画を描いていました。その頃の代表作では、「三十番神図」や「日堯上人像」(共に重要文化財)などが展示されていました。

30代で京都へ上洛しますが、その後の活動の記録が途絶えます。京都での消息が再び現れるのは等伯51歳の時のこと。豊臣秀吉の茶頭であった千利休が大徳寺三門の増築部分を寄進し、その金毛閣の天井と柱の装飾画を依頼されたのでした。その後、祥雲寺(しょううんじ)(現智積院)の障壁画制作に携わる幸運を得ました。その頃の等伯の代表作として「山水図襖」(重要文化財)や「楓図壁貼付」や「松に秋草図屏風」(共に国宝)がありました。
c0193950_1422824.jpg

c0193950_13564190.jpg


そして圧巻だったのが1599年、等伯61歳のときに制作された大涅槃図(仏涅槃図)高さが10メートルくらいある大作です。これは必見もの。なにしろ大きい絵です!
c0193950_1430211.jpg


等伯は、よき理解者であった日通上人に強く信頼をよせ、この画を寄進しました。その後も本法寺には多くのものを寄進し、本法寺の大檀越(だいだんおつ)として、単なる絵師ではなく、町衆として京都における有力者となり活躍したそうです。

等伯が71歳になった頃には、豊臣の時代から徳川家康のものとなろうとしていました。新たなパトロンを獲得するために次男の宗宅(そうたく) を伴って江戸へ下向するも、等伯は途中で病をえて、江戸到着後、2日目に72歳で亡くなりました。

最後に、六曲一双の「松林図屏風」が展示されていました。この作品は制作年が不明ではあるものの、この画の筆遣いの精妙さに息をのんでしまいました。自分もその霞に包まれた松林にいるかのような感覚になりました。

c0193950_926678.jpg


こんなにもたくさんの等伯の作品を観られる機会は今後ないかもしれないので、可能なら会期中にもう一度足を運びたいと思います。

長谷川等伯―桃山画壇の変革者 (別冊太陽 日本のこころ 166)

c0193950_14251640.jpg


c0193950_23203823.gif

             

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2010-02-26 23:59 | 美術

ショパンの誕生日については諸説あるのだが、一説によれば今日はショパンの生誕200周年の日であるという。

なので、今日は最近全く聴かなくなってしまったショパンを聴いている。

ショパンには子どものころから親しんでいて興味があったので、ロンドン留学時にポーランドを旅した際には、ワルシャワにあるショパン博物館や、ショパンの生家がある田舎町のジェラゾヴァ・ヴォラ(Żelazowa Wola)まで足を運んだこともある。

子どもの頃にピアノを習っていた時、先生に「コルトー版の楽譜を買っていらっしゃい」と言われ、買いに行ったことがあった。

コルトー版とは?とその頃は、「???」だったが、このアルフレッド・コルトー(1877-1962)はショパンの孫弟子なのだ。

コルトーは1952年に一度だけ来日したことがある。その時すでに75歳と高齢だったが、今でも名盤と言われる録音を残した。その録音はその後日本初の国産LPとして発売された。

今日自分が聴いてるのはその録音のCD盤(SGR-8113)。若いころの演奏よりは技巧面では劣るものの、独特のテンポ感と深い精神性は健在だった。

この録音と似たようなCDが販売されていますのでご興味のある方はお聴きになってみてください。


コルトー・イン・ジャパン1952

c0193950_20593670.jpg

c0193950_23203823.gif

             

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2010-02-22 22:22 | 音楽

昨年12月にパリのオペラ座で行われたバレエ・リュス(ロシアバレエ団)結成100周年を記念したバレエ公演の録画映像

TVをつけたら全身ピンク色のばらの精が舞台上を飛び跳ねていました。「ばらの精」は、ロンドンのロイヤル・バレエで二度ほど観たのですが、そのときのダンサーの方が立派に演じていたような。。

続いて、「牧神の午後」も自分のイメージしている牧神とは違い少々緊張感に欠ける舞台に見えました。

ファリャの「三角帽子」は昔演奏したことがある曲でもあるので、そのせいで良く見えたのかも知れませんが、このなかでは斬新で見ごたえのある舞台でした。

しかし、ロシアバレエ団がスペインの作曲家と画家にバレエの制作を依頼しているところがなんとも興味深いと思いました。

<演目>

バレエ「ばらの精」
 振付:ミハイル・フォーキン
 音楽:ウェーバー作曲/ベルリオーズ編曲
 美術:レオン・バクスト
 主演:マチアス・エイマン、イザベル・シアラヴォラ

バレエ「牧神の午後」
 振付:ワツラフ・ニジンスキー
 音楽:クロード・ドビュッシー
 美術:レオン・バクスト
 主演:ニコラ・ル・リッシュ、エミリー・コゼット

バレエ「三角帽子」
 振付:レオニード・マシーン
 音楽:マヌエル・デ・ファリャ
 美術:パブロ・ピカソ
 主演:ジョゼ・マルティネズ、マリ・アニエス・ジロ

バレエ「ペトルーシカ」
 振付:ミハイル・フォーキン
 音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー
 美術:アレクサンドル・ブノワ
 主演:バンジャマン・ペッシュ、クレールマリ・オスタ、ヤン・ブリダール、ステファン・ファヴ
    ォラン

<出演>パリ・オペラ座バレエ団
<指揮>ヴェロ・パーン
<管弦楽>パリ・オペラ座管弦楽団
<収録>2009年12月 パリ・オペラ座 ガルニエ宮


100年前にこのロシア・バレエ団「バレエ・リュス」を結成したロシア人興行師ディアギレフの伝記が昨年末に出版されていますので、ご興味のある方はぜひどうぞ。(洋書です。)

Diaghilev (Hardcover)

c0193950_10434111.jpg


c0193950_23203823.gif

             

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]

先日BBC Music Magazineの2月号でゲルギエフ率いるロンドン交響楽団が演奏したプロコフィエフのバレエ「ロメオとジュリエット」のCDが☆☆☆☆☆に輝いていたので、イギリスのバーミンガムのCD屋さんから購入したのですが、今日帰宅したらそのCDが届いていました。日本のTOWER RECORDSの店頭価格のおよそ半額で購入することができました。

今までロンドン交響楽団が演奏する「ロメオとジュリエット」と言ったら、アンドレ・プレヴィン指揮のものを気に入って聴いていたのですが、このたびのゲルギエフの指揮による演奏は、プレヴィン指揮のものと比較して終始軽快なテンポで、デュナーミクにもメリハリがあって聴きやすく感じました。しかし、各楽器のソロの部分は、プレヴィン指揮の方がソロ奏者の演奏をゆったりと聴けるという良い面もあり、両者とも甲乙のつけ難い秀逸な演奏となっています。

もしよろしければお聴きになってみてください。

Romeo & Juliet (Hybrid CD)

c0193950_20293344.jpg



c0193950_23203823.gif

             

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2010-02-16 20:00 | 音楽

祝日だというのに早朝から映画を観に行ってきました。

先日に引き続き今日は『鏡の中のマヤ・デレン』。入場者数は10名ほど。

c0193950_15501373.jpg

この映画は、マヤ・デレンの生涯を彼女が作成したフィルムをたどりながらドキュメンタリーにしたもので、映画の冒頭からフィルムのロールを持ったジョナス・メカスが登場するなど、そうそうたるメンバーが彼女のことを回想していました。

そこで思ったのは、『午後の網目』は一人目のご主人のサーシャの力も働いていたのではないか?ということ。この映像だけずば抜けてセンスが良い気がしました。

マヤは几帳面で繊細な性格だったらしく、その性格を隠すために麻薬?を使用するようになっており、最期の方は、貧困と麻薬使用が重なったことで死期が早まったようでした。

3人目のご主人で日本人作曲家のイトウ・テイジ氏は、彼女の死後まで付き添い、遺灰は東京湾と太平洋の境辺りに撒かれたそうです。

マヤ・デレン氏に興味のある方はぜひご覧になっておくと良い貴重な映画だと思いました。

DVDも出ていますのでご興味のある方はどうぞ。

In the Mirror of Maya Deren (Full) [DVD] [Import]
c0193950_10434757.jpg




映画のあと、目黒の庭園美術館で開催中の『マッキアイオーリ』展にも足を運びましたが、レーガとシニョリーニの数枚が印象に残っただけで、その他のファットーリなどは期待していたほどすばらしくはなく少々残念でした。

c0193950_23203823.gif

             

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2010-02-11 23:59 | 映画

丸の内の大型書店で日本語教育書籍をあれこれ見てから、バスで第一生命ホールへ。

クァルテット・エクセルシオ
ラボ・エクセルシオ 20世紀・日本と世界Ⅲ会場 第一生命ホール
開演 18:00
曲目
シュニトケ:
弦楽四重奏曲第2番
弦楽四重奏曲第3番
* * *
西村朗 :
弦楽四重奏のためのヘテロフォニー
弦楽四重奏曲第2番「光の波」


クァルテット・エクセルシオの演奏を初めて聴いたのは、芸大でのレクチャーコンサートか何かに於いてであったと思うのだが、彼らの持つ鋭い感受性とゆるぎないテクニックに魅了されたのだった。

今回はその彼らがシュニトケを演奏するというので足を運んだ。

ロンドン留学時に『シュニトケとの対話』の著者アレクサンドル・イヴァシキン教授(ロストロポーヴィチのお弟子さんで世界的なチェリストでもある)によるシュニトケ作品の講義を数多く受講して興味を持ったのだが、シュニトケの作品はまだまだ日本には浸透していないのか、めったに演奏されない。

しかし、今回は日本で、しかもエクセルシオの弾くシュニトケが聴けるとなったら行くしかないと思っていた。

実際の演奏も、複雑で難解なシュニトケ作品をみごとに弾き切っていた。また彼らの感受性がすばらしく自然なのだ。4人が4人ともこんなにナチュラルで息が合っているのはめずらしい。ますます彼らのファンになったのは間違いない。これからも未開拓の分野である現代作品を開拓し続けていってほしい。

後半は、西村朗氏の作品の演奏。ご本人もいらしていた。。。


c0193950_23203823.gif

             

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]

今日も寒い寒いといいながらも渋谷のイメージフォーラムまで行ってきました。

先日から上映されていた「マヤ・デレン全映画作品」がいよいよ最終日だというので仕方なく。。

もう一本の映画『鏡の中のマヤ・デレン』の方は、入場者数が2名という日もあったようですが、こちらの方は満員御礼

c0193950_17323588.jpg


マヤ・デレンは1917年、革命の年に生まれ、44歳で急逝したロシア系ユダヤ人の映画作家、ダンサー、文化人類学者、巫女である。5歳でアメリカに渡り、26歳で『午後の網目』発表。1947年カンヌ映画祭実験部門でグランプリを受賞してからは、実験映画界の女神と称されるようになった。ニューヨークのヴィジュアル・アート界において彼女は注目の的であり、ウォーホル、メカスをはじめ、デュシャンなど、数多くのアーティストと親交があった。生涯に3人の夫を持ったが、3人目は日本人だった。

マヤ・デレン全映画作品(7本 合計87分):

午後の網目 Meshes of the Afternoon
1943年/14分/共同監督/アレクサンダー・ハミッド、撮影/アレクサンダー・ハミッド、マヤ・デレン、音楽/テイジ・イトー(1959年に追加)、出演/マヤ・デレン、アレクサンダー・ハミッド
1947年カンヌ映画祭実験部門グランプリ受賞


陸地にて At Land
1944年/15分/サイレント/撮影:アレクサンダー・ハミッド、ヘラ・ハイマン、出演:マヤ・デレン、アレクサンダー・ハミッド、ジョン・ケージ、ウォレス・パットナム、パーカー・タイラー、アナイス・ニンほか

カメラのための振付けの研究 A Study in Choreography for Camera
1945年/4分/サイレント/出演:タリー・ビーティ

変形された時間での儀礼 Ritual in Transfigured Time
1946年/15分/サイレント/撮影:ヘラ・ハイマン、振付け:フランク・ウェストブルック、出演:リタ・クリスチアニ、ジャネット・コリンズ、アナイス・ニン、マヤ・デレンほか

暴力についての瞑想 Meditation on Violence
1948年/12分/音楽:中国の笛とハイチの太鼓、変調:マヤ・デレン、出演:チャオ・リ・チ

夜の深み The Very Eye of Night
1952~59年/15分/撮影:アーネスト・ネカネン、録音:ルイス&ビビ・バロン、音楽:テイジ・イトー、助監督:ハリソン・スター、出演:アンソニー・チューダー指導下のメトロポリタン・オペラ・バレエ学校の生徒

※特別上映
魔女のゆりかご(未完)
1944年/12分



特に印象的だったのは、『午後の網目』と『魔女のゆりかご(未完)』。不思議なストーリー展開の映像のなかに彼女の独創的センスが光っていました。また、『魔女のゆりかご』のなかで紐でぐるぐる巻きにされていた男性はデュシャンだそうです。。こんなところにも登場していたのですね。

シアター・イメージフォーラムでは2月6日~3月12日まで、タルコフスキー映画祭2010が催されるそうです。

タルコフスキーはまさに映像の詩人。ロンドンでギリシャ人のフラットメイトといっしょに毎晩のように観賞会を開いては感想を言い合っていたっけ。。。

『ノスタルジア』、『鏡』、『サクリファイス』は特におすすめです。「こんなに美しい映像がかつてあっただろうか?」と思わず息を飲んでしまう場面ばかりですので、どうぞご覧ください。


c0193950_23203823.gif

             

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2010-02-05 23:59 | 映画