今朝もまた夜明けの門をくぐり旧市街の教会などを見て回った。

大聖堂近くにある「奇跡」と書かれたタイルが上海万博を記念したものに変っていた。
c0193950_21522397.jpg


そのままゲディミナス通りにある本屋さん数軒に立ち寄り、あれこれ購入。

ヴィリニュス在住の写真家、塩谷賢作さんと合流し、ウジュピスへ。

芸術家のギャラリーなどをみながら坂の上のレストランへ。そこでリトアニア料理を堪能した。

ピンク好きにはたまらないビーツを使った料理の数々をギラ(リトアニア産クヴァース)と一緒にいただく。
c0193950_2157859.jpg

c0193950_2159163.jpg


ウジュピス共和国の官邸?の壁に貼ってある憲法を読んだりしながら坂を下り、そのままチュルリョーニスが眠っている墓地へと歩いた。
c0193950_2223510.jpg


チュルリョーニスの墓前で手を合わせ、音楽学会での発表が上手く行くようにお祈りした。
c0193950_2245626.jpg


c0193950_11172377.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2010-07-31 23:59 | 旅行

今日も早朝からリュックを背負ってカウナスへ。

ホテルが便利なロケーションのため、徒歩2分ほどでバスターミナルへ行けた。

ミニバスに乗り1時間半ほどでカウナスに到着。

せっかくリトアニアへ来たのだからチュルリョーニスの絵画をしっかりと見ておかないとと思いつつ、まずは以前から行ってみたかったパジャイスリス修道院(Pažaislio vienuolynas)へ。

駅前から5番のトロリーバスで30分ほど。湖畔をしばらく歩いて行くと荘厳な佇まいの修道院が見えてきた。

昨年は修復中と聞いていたフレスコ画が見事だった。ここはぜひ訪れてほしい。
c0193950_21334073.jpg

c0193950_2135082.jpg


湖畔で昼食を採りつつのんびりし、バス停へと歩いた。
c0193950_21415153.jpg


そのまま5番トロリーバスで街の中心まで出てチュルリョーニス美術館へ。
c0193950_21441710.jpg


今回で4回目の訪問。チュルリョーニスの絵画をほとんど貸し切り状態でゆっくりと鑑賞できた。やはり一年に一度は本物を観ないと!

その後、カウナスで日本文化センターを主宰しているアウグステ嬢とお茶をして、夕方にヴィリニュスへ戻った。

c0193950_11172377.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2010-07-30 23:59 | 旅行

時差ぼけからか早朝に目覚めてしまったので、朝食を採り、そのまま旧市街へ。

夜明けの門をくぐるとパイプオルガンの音色とともに人々の歌う声が。

夜明けの門のなかには「黒いマリアさま」が安置されており、そこで敬虔なカトリック信者の方々が祈りを捧げていた。

ヴィリニュス大学のなかの本屋で欲しかった本を買おうと勇んで行ってみたが、残念ながら改装中。大学敷地内の教会横のおみやげ屋さんで新しくリリースされたばかりのランズベルギス氏と大学合唱団「プロムジカ」のDVDやそのほかリトアニア人作曲家のCDを購入。

そうこうしていたら突然の雷鳴とともにスコールが!

おじさんにポンチョを売ってもらい、そのまま教会のなかへ避難。

しばらくしたら雨も弱まったので、大学近くの書店へ行きリトアニアの歴史の本などを購入。

その足で昨年は改装中だったピーリモ通りにあるユダヤ博物館へ。昨年の夏、他の「緑の家」やもう一か所のモダンで立派な博物館を訪れてとても勉強になったので今年も行ってみようと思ったのだ。英語を話せる館員の方が親切にも解説をしながら一緒に回ってくださった。ユダヤ人については好悪さまざまな見方があろうが、長い年月にわたり迫害を受け、とりわけ第二次大戦を挟んだ時代に多くの命が奪われたことは、人道的にみて絶対に許しがたい。

そう、ヴァイオリニストのヤッシャ・ハイフェッツ (1901-1987) はヴィリニュス生まれのユダヤ人なのだ。館員の方によればハイフェッツは9歳までヴィリニュスで幼少時代を過ごしたそうだ。

生家が今でも残っているというので行ってみた。建物にプレートが貼ってあった。
c0193950_21152020.jpg


昼食を軽く採り、今度はネリス川沿いのCD屋さんへ。新しいチュルリョーニスのCDこそなかったがリトアニア人作曲家たちのCDを15枚ほど購入。。その足で大学近くのレコード屋へ行くとチュルリョーニスのLPが10枚ほど見つかった。

今回も忙しい旅なので、行けるうちにと思いチュルリョーニスの館へも足を運んだ。

館長のウルボナスさんにごあいさつ。「またドルスキニンカイでお会いしましょう。」とお伝えしてきた。
c0193950_21225072.jpg


c0193950_11172377.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2010-07-29 23:59 | 旅行

今回のリトアニア行きは出発間際に決定したので、出発当日の夜中まで原稿書きと荷造りに追われ、バタバタとしてしまった。旅の目的は8月3,4,5日にドルスキニンカイ市で行われる音楽学会「チュルリョーニスと世界」に出席すること。私がチュルリョーニスについてあれこれ調査していることを知った親切な方がご招待してくださったのだ。

c0193950_20455512.jpg

なんとか11時のFinnairのフライトに間に合った。機内で少しは眠れるかと思ったがやはり無理だった。今回も日本人のツアーの団体とヴィリニュスまで一緒。リトアニアが多くのひとに知られるようになって嬉しい。空港に着いたら音楽家支援基金の方が迎えにきてくださっていた。疲れ果てていたのでとても有り難かった。

駅前のパノラマホテルの窓から旧市街の教会群を望む。ここからの眺めがとても好き。安ホテルで少々音がうるさいのだがこの景色を見せられたら音など関係なく思える。
c0193950_20491441.jpg

ホテルから這うようにして飲料水と軽食を買いに行き、今日はそのまま就寝。。

c0193950_11172377.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2010-07-28 23:59 | 旅行

今年もブックフェアの季節がやってきた。人が集まる場所が苦手なので、どうしようか少々迷ったのだが行ってきた。電子書籍のコーナーが大幅に増えていて、自分の目的とする書店のコーナーは縮小されており、収穫はなし。一番楽しみにしていた洋書のコーナーも一番奥の壁際に追いやられていて、来年はもう来ない方がいいかもと思ったほどだった。

せっかく足を運んだので、洋書コーナーに出ていたエストニア語とラトビア語とフィンランド語とポーランド語の学習用CD-ROMを購入。以前リトアニア語のものを購入したときはかなり高額だったと記憶しているのだが、ここでは処分価格。各500円なり。。。

その足でゆりかもめに乗り新橋へ出て、そのまま早稲田方面へ。

早稲田松竹でヴィターリー・カネフスキー (Vitali Kanevsky, 1935- ) の映画を2本、「動くな、死ね、甦れ!」と「ひとりで生きる」を観た。もう1本の「ぼくら、20世紀の子供たち」だけは昨年ユーロスペースで観てしまった。
c0193950_14273622.jpg


恵まれない境遇でも必死に生きる子供たちを彼らの目線で描いていた。「生きるとは何か?」を深く考えさせられた映画だった。第二次大戦直後の極東シベリアが舞台となっており、抑留兵が日本語の歌を唄うシーンなどは戦前の日本映画を観ているかのようだった。

7月16日(金)まで上映しているのでぜひ観てほしい。

これら3本の映画を収録したDVDが近日発売されます。ご興味がおありの方はぜひどうぞ。

ヴィターリー・カネフスキー DVD-BOX

c0193950_143725100.jpg

c0193950_11172377.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2010-07-10 23:59 | 映画

今日7月3日(土)から東京芸術大学大学美術館で「シャガール――ロシア・アヴァンギャルドとの出会い」展が始まったそうです。会期は10月11日(祝)まで。

そこでふとこのCDのことを思い出し、久しぶりに取り出して聴いてみたところです。

そう、ご覧の通り、ジャケットに使用されているのはシャガールの絵画なのです。

このCDはバレエ《火の鳥》全曲盤のなかでは屈指の名演で、LSOとドラティの息もぴったりの躍動感あふれる演奏となっています。ご興味のおありの方はお聴きになってみてください。

Igor Stravinsky: Firebird、Nightingale & More

c0193950_1343032.jpg


c0193950_11172377.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2010-07-03 23:59 | 音楽

今日は、朝から国立国会図書館で調べ物。永田町界隈は警備員や警官が大勢立っていていつも物々しい感じ。

18年前の雑誌記事をいくつか検索し、コピーをとった。しかしながらここのややこしいシステムに辟易した。

午後からは麻布で用事があったのでその前に六本木のハードロックカフェでランチ。アルコールが飲めない自分にとっては夜に行くより、ランチの方が気が楽なのである。お値段的にもランチタイムの方がお得。1,000円前後でドリンク付きのランチが楽しめる。
c0193950_2094092.jpg


プレーンバーガーをコカコーラ・ゼロといっしょに戴いて、久しぶりにアメリカ気分を味わった。そしてハードロックグッズが売っているショップへも立ち寄り、テディベアを購入。これでロンドン、ベルリン、上野、六本木と4人の@くま@が集まった。
c0193950_20103681.jpg


c0193950_11172377.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2010-07-02 23:59 | その他

バタバタとしていたらもう7月。。。

今日はチュルリョーニス・ファンのみなさまにひとつ彼の話題を。

自分がクラリネット吹きでもあり、また元ベルリン・フィル首席クラリネット奏者のカール・ライスター氏をとりわけ尊敬しているので彼演奏のCDもたくさん所有している。そのなかに一枚チュルリョーニスの絵画をジャケットにしているCDがあるのです。

ピアノ伴奏をしているのはゲルハルト・オピッツ氏。

ふたりの息がぴったりで軽快な演奏。ライスター氏のクラリネットは、木のぬくもりそのものが音色になったような温かい音。いつ聴いても心地よいです。

ジャケットに使用されているのは、チュルリョーニス《第六ソナタ》 (星のソナタ) アレグロです。

ブラームス:クラリネット・ソナタ集 [Import]
c0193950_2340558.jpg


もしよろしければお聴きになってみてください。

中身はブラームスなのに、なぜチュルリョーニスの絵画がジャケットに使われたかはわかりませんが、ブラームスの内面的でしかも人間味豊かな音楽がこの絵の雰囲気と決してミスマッチではないように思えるのです。

c0193950_11172377.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2010-07-01 00:01 | 音楽