大田黒元雄が愛用し、1918年に来日したプロコフィエフも弾いたとされる1900年製のスタインウェイのグランドピアノが修復され復活し、再び音を取り戻すことができた。

その点で意義深い演奏会だったと思う。

実際に音を聴いた感想は、「木箱が純粋に響いていた」という感じ。

以下、備忘録。

2010年9月24日(金)
19:00~
浜離宮朝日ホール
出演/根岸一郎(バリトン)*、釜洞祐子(ソプラノ)**
曲目/
ドビュッシー:
アラベスク 第一番・第二番
夢、マズルカ、ロマンティックな円舞曲
カノープ、亜麻色の髪の乙女、沈める寺
月の光
亜麻色の髪の乙女
菅原明朗:
ピアノ組曲「断章」より Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ
ピアノ組曲「白鳳の歌」より 第一曲「﨟纈」
ドビュッシー:
人形のセレナード
(休憩)
菅原明朗:
韓藍花、過近荒都詩、無題、田舎歌、白い姉の歌、丘の上*
ドビュッシー:
ロマンス*
堀内敬三訳詞歌曲:
御身を愛す(ベートーヴェン)、母の教え給いし歌(ドヴォジャーク)、スペインのセレナーデ(ビゼー)、メドレー「青空」「アラビヤの唄」「蒲田行進曲」、ホフマンの舟唄(オッフェンバック)、インドの歌(リムスキー=コルサコフ)、別れの曲(ショパン)**
ビゼー:
「カルメン」より セギディーリャ**
(アンコール)
レハール: 「メリー・ウィドウ」の二重唱* **
フリース: 「モーツァルトの子守唄」* **


c0193950_1961426.gif

[PR]