タグ:チュルリョーニス ( 66 ) タグの人気記事


リトアニアから来日されていたルータ&スビグネヴァス・イベルハウプタス・ピアノ・デュオの演奏会に行ってきました。

月曜の夜だというのに津田ホール(490席)がほぼ満席でした。

駐日リトアニア大使館の臨時代理大使のビルテ・アブライティエネさんのご挨拶で始まり、まずは私が一番楽しみにしていたチュルリョーニスの曲が演奏されました。

演奏曲目は下記の通り:

チュルリョーニス (J・アレクサ編): 交響詩「森の中で」
ラヴェル: 祭 ~スペイン狂詩曲
権代敦彦: 二台ピアノのための「69」

ソデイカ: トーン・オントロジー 第二番
ラフマニノフ: 組曲 第二番
インファンテ: アンダルシア舞曲

(アンコール)
ミヨー: ブラジレイラ ~スカラムーシュ

どの曲もハートのあるすばらしい演奏で甲乙つけがたいのですが、リトアニア人作曲家のチュルリョーニスとソデイカの作品が特に印象に残りました。

チュルリョーニスの交響詩「森の中で」の2台ピアノ版は、チュルリョーニスがピアノで作曲したときのことをイメージできるかのような、ピアノ版なのにオーケストラの音を連想できそうな自然な編曲で、ピアニストたちの演奏センスの良さがさらにその作品のすばらしさを引き出していたように感じました。

ソデイカは、現代リトアニアを代表する作曲家ですが、クラシック音楽の枠からは逸脱していないミニマル風の作品は、イベルハウプタスのために書かれたというのがわかるような、現代音楽なのにハートのある、聞いていて楽しくなる作品でした。もしかしたら日本初演だったかも知れませんね?

また、高度なテクニックを必要とするラフマニノフの作品も、フレージングが自然で、技巧に走りすぎず2台のピアノが呼応しあい、調和していて完璧な仕上がりでした。

アンコールに演奏されたミヨーもほのぼのとした雰囲気で良かったです。

彼らの温かみのある息のバッチリ合った高度な演奏に魅了され続けた2時間でした。

また来年も来日してほしいです。

今日演奏されたソデイカの2台ピアノのための トーン・オントロジー 第2番(1998)は下記のサイトで視聴することができますのでご興味のある方はぜひどうぞ。

c0193950_14361779.jpg


***************************************************************************
c0193950_1432321.gif

[PR]


みなさま、ご無沙汰しております。その後はいかがお過ごしでしたか?

こちらは今朝ヨーロッパより戻って参りました。

そして、突然のお知らせで恐縮なのですが、今月8月にリトアニアよりピアノ・デュオが来日します。

その名も”ルータ&スビグネヴァス・イベルハウプタス・ピアノ・デュオ”(The Rūta and Zbignevas Ibelhauptas Piano Duo)です。

演奏会の日程は下記の通りです。

2009年国際青少年音楽祭inみやざき
8月13日(木)
宮崎 宮崎市民文化ホール
イベントホール
開演19:00 (開場18:30)
チケット:全席自由 一般¥1,500 大学生以下¥1,000
同時にマーリュス・ヨーヴァイシャ氏の写真展「知られざるリトアニア」も開催されます。


久慈市・リトアニア・クライペダ市姉妹都市締結20周年記念
8月19日(水)
岩手 久慈市文化会館
(アンバーホール)小ホール
開演19:00 (開場18:30)
チケット:全席自由 一般¥1,000 大学生以下¥500

8月24日(月)
東京 津田ホール Tokyo: Tsuda Hall
開演19:00 (開場18:30)
入場無料


リトアニアの首都ヴィリニュスの教会で行われた合唱コンサートにでかけましたら彼らも出演されていたのでお声掛けしてきました。息の合ったハイレベルな演奏でしたのでおすすめです。

リトアニアを代表する作曲家・画家チュルリョーニスの交響詩「森の中で」(ピアノ4手版)も演奏されますのでお聴き逃しなく!

お近くにお住まいの方、ぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

c0193950_1433917.jpg



***************************************************************************
c0193950_1432321.gif

[PR]

7月27日コースが修了し、多くの友人が帰国の途へ。こちらは一人で駅ビルのなかで開催中のメカスの映画会へ。しかし、実態は映画のVHSを大型テレビで見るというものだった、、残念に思っていたらなんと!そこで最近撮られたというランズベルギス氏のドキュメンタリーも上映されていて!そちらはちゃんと暗室でスクリーン上映されていたので興味深くじっくりと拝見してきました。
c0193950_189829.jpg

c0193950_1893542.jpg


7月28日ヴィリニュス最後の日。ヴィリニュス・アート・ギャラリーにチュルリョーニスの絵画を見納めに行く(3回目)。その帰りにCDボンバに立ち寄ったらランズベルギス氏のチュルリョーニス作品集CDが!そのほかにも興味深いCDを発見し、スーツケースが重くなることを覚悟しさらに20枚ほどを衝動買いする。リトアニア人家庭でのラスト・ディナーに招かれる。

7月29日朝から重いスーツケースを引きずりバスターミナルへ。カウナスへ向かう。ホテルメトロポリスへ泊るが、噂で聞いていたレトロな影はなく、改修されてしまっていた。。。郵便局でさらなる荷物を送る。その後チュルリョーニス美術館、ジリンスカス美術館で行われている特別展"Rain meets Sun"に足を運んだ。
c0193950_18103556.jpg

c0193950_1811724.jpg


夕方からチュルリョーニス研究者の方にお目にかかり、フニクラでカウナスが一望できる丘の上に登り、教会の屋上に連れて行っていただく。リトアニア料理をごちそうになり、チュルリョーニスの話で花が咲く。
c0193950_1811429.jpg

その後、ネリスとネムナス川の合流点や旧市街を案内していただく。
c0193950_18121516.jpg


7月30日早朝にクライペダへ。ホテルプロメナダに荷物を降ろしたあと、ミニバスでパランガへ。有名な桟橋でバルト海を一望し、琥珀博物館へも足を運んだ。
c0193950_1813811.jpg

c0193950_18141726.jpg

c0193950_181544.jpg

c0193950_18154638.jpg


帰り道の公園のなかで同じヴィリニュス大学のリトアニア語コースを学んでいたコースメイトに出会う。。クライペダに戻り、街を散策。

7月31日船でスミルティネに渡り、そこからバスで1時間ほどかけてニダに行く。そこでもクルシュ砂洲の中洲に面した桟橋の先端まで行き韓国人女性に出会う。

トーマス・マン博物館まで同行する。その後、ひとりでニダの砂丘へ。
c0193950_1925720.jpg

c0193950_1933528.jpg


眼前に広がる偉大な自然に圧倒される。砂丘の頂上からはバルト海と中洲の両方を望むことができた。
c0193950_1941385.jpg

c0193950_1945820.jpg


クライペダに戻るとヨット・フェスティバルが行われていてにぎやかだった。パレードを観ることもできた。
c0193950_1953662.jpg

c0193950_1963414.jpg


小リトアニア歴史博物館も訪れた。
c0193950_19112338.jpg


劇場広場ではクライペダのオケとオペラ歌手によるコンサートも行われていた。
c0193950_19135482.jpg

c0193950_199332.jpg


リトアニア滞在最後の夜なのでツェペリナイとシャルティバルシチェイをいただく。。
c0193950_1911423.jpg



***************************************************************************
c0193950_1432321.gif

[PR]
by ciurlionis | 2009-07-27 00:00 | 旅行

7月13日3コマの授業のあと、現代アートセンターで行われた"Big in Japan"というイヴェントのオープニングに参加する。
c0193950_16493696.jpg


その後友人とレストランWooで夕食をとり日本から来ていた合唱団の演奏会を聴きに教会へ。そこで思いがけずイベルハウプタス・ピアノ・デュオのお二人にお目にかかる。
c0193950_16502668.jpg


7月14日3コマの授業のあと、音楽好きの友人とチュルリョーニスのお墓参りに行く。
c0193950_16505527.jpg


7月15日3コマの授業のあと、17時までコースの遠足でリトアニア国立博物館に行く。その後、古本屋巡り。
c0193950_16512942.jpg


7月16日3コマの授業のあと、音楽情報出版センターの方にお目にかかり、貴重なお話しをたくさんしていただいた。

7月17日3コマの授業のあと、音楽演劇博物館に行く。チュルリョーニスが1905-6年に使用していたというピアノがあり、記念撮影をさせてもらう。昼食終了後に大学近くを歩いていたら前から歩いてきたひとに日本語で「明日ランズベルギス氏の演奏会があることを知らされる」明日のカウナス行きを断念。
c0193950_165248.jpg


7月18日朝からヴィリニュス・アート・ギャラリーにチュルリョーニスの絵画を観に行く。(2回目)。
c0193950_16523140.jpg


夕方からランズベルギス氏とプロムジカによるチュルリョーニス作品の演奏会へ。ここ数年来の希望が叶えられて泣けてしまった。。。
c0193950_16525796.jpg


7月19日朝からリトアニアに住んでいたユダヤ人にまつわる場所や博物館などを訪問。途中、思いがけずジョナス・メカスの映画上映会が駅ビル内で行われていることを知る。写真家さんと遅めのランチをする。
c0193950_16534071.jpg



***************************************************************************
c0193950_1432321.gif

[PR]
by ciurlionis | 2009-07-13 00:00 | 旅行

7月7日3コマの授業のあと、ヴィリニュス大学のアジア研究センターを訪問。

7月8日3コマの授業のあと、コースの遠足でKGB博物館を訪問。パルチザンの歌のCDを購入する。
c0193950_16283768.jpg


その後、聖アンナ教会横で行われていた日本の現代建築のパネル展熊本アートポリスという展覧会にも足を運んだ。帰りがけに思いがけず「フルクサス橋」というものを発見。
c0193950_1629531.jpg


7月9日3コマの授業のあと、ヴィリニュスにあるチュルリョーニスの家を訪問。ディレクターさんから貴重なお話しをしていただいた。
c0193950_16292935.jpg


7月10日リトアニア語講座の中間試験。午後は講義。その後2週間コースの学生たちのためのフェアウェル・パーティー。リトアニアの民族舞踊が披露された。
c0193950_16312462.jpg


終了後、ヴィリニュス・アート・ギャラリーで行われている特別展「チュルリョーニスと同時代の芸術家たち」へ足を運ぶ。

7月11日朝からコースの遠足でルムシシュケースにあるリトアニア民俗生活博物館に行く。夜は日本人写真家さんと食事。明日12日に新女性大統領ダリァ・グリバウスカイテ氏の就任式が大統領官邸で開催される予定である。大学の入り口前が官邸なので少々あわただしかった。
c0193950_16322236.jpg


7月12日ヴァレーナにあるチュルリョーニスの生家跡とドルスキニンカイにあるチュルリョーニス記念館を訪れる。
c0193950_1633132.jpg

c0193950_16335950.jpg


途中、Gruto Parkasにも立ち寄る。
c0193950_16344951.jpg


ベラルーシとの国境にあるライガルダスの谷にも行ってみる。チュルリョーニスが絵画に描いていた谷である。
c0193950_16353149.jpg



***************************************************************************
c0193950_1432321.gif

[PR]
by ciurlionis | 2009-07-07 07:07 | 旅行

睡眠4時間でフラフラの状態で起床。。

8:30からの授業には遅刻せずに出席する。

しかも今日もリトアニア語の授業のみ3コマ。。
レクチャーもツアーもなし。。

朝からリトアニア語で質問が飛んでくる。。

「元気ですか?」
「ちょっと眠いです。」

「昨日はどこに行きましたか?」
「カルヌ・パークへ行きました。」

少しはわかるようになってきたらしい。。

今日もひたすら食べ物の名前を覚えたり、曜日・時間の言い方を学んだり。
それを会話形式で練習。。

一週間でだいぶ上達してきました。日本にいるときの100倍くらいの速さで。。

15時に授業が終わってから友人とお茶をして、18時からのカンクレース(リトアニアの民族楽器)の演奏会へ。

7月3日の合唱祭プログラムは下記の通り:
3 July 17.00 Schoolchildren Song Day SOUNDING GARDENS OF CHILDHOOD inVingio Park
18.00 Kanklės concert PLAY KANKLĖS in St. Johns' Church (Šv. Jono st.12)


このSt. Johns' Churchは、ヴィリニュス大学の構内にある教会で、7月1日のブログに写真があります。緑色のパイプオルガンが有名で、CDも出ていたので購入しました。

教会で聴くカンクレースの音色は何とも言えずに美しい。
この音色は耳に焼き付いて離れない。
もう一生忘れないと思う。
本当に感激しました!


c0193950_1832685.jpg


c0193950_1834694.jpg


c0193950_1841724.jpg


彼らがカンクレースでチュルリョーニスの曲を何曲か演奏してくれたので、この上なく嬉しく、また少し泣けてしまった。。。

その夜、日本人の友人と「日本でカンクレース・グループを結成しよう!」と密かに誓ったのでした。



***************************************************************************
c0193950_1432321.gif

[PR]
by ciurlionis | 2009-07-03 00:00 | 旅行

6月28日(日)

朝から「教会へ礼拝に行くけど、一緒に来るかい?」と言われ、礼拝に付いて行きました。

ヴィリニュスの旧市街には数えきれないほどたくさんのカトリック教会があるのですが、着いたその先は、ヴィリニュスでは唯一のルター派(新教)教会。

なんとリトアニアの聖書は楽譜付き! 歌の国ならではと思いました。
c0193950_17273335.jpg



昨年新調したばかりというパイプオルガンがあり、演奏していたお姉さんに話しかけてみました。
c0193950_17275549.jpg



そこで、「チュルリョーニスに興味があって日本から来ました」などとお話ししていたら、「今晩、この教会でユラーテ・ランズベルギーテさんのオルガン演奏会がありますよ。」と教えてくださったのでした。

ユラーテ・ランズベルギーテさんといえば、チュルリョーニスの研究と演奏の最高権威で、新生リトアニアの初代国家元首でもあるヴィータウタス・ランズベルギス氏のお嬢様。なんという嬉しい偶然でしょう。

礼拝から戻ると、2日間お世話になったファミリーのもとから、知り合いの紹介でお借りしたフラットへ移動。

フラットのオーナーは元ニューズウィークの専属カメラマンをされていたアンディーさん。彼経営のレストランでいろいろとお話を伺い、ランチをごちそうになりました。フラットは、旧市街のちょうど中心部に位置していたのでどこへ行くにも便利でとても助かりました。世界各国を飛び回っていたカメラマンのお部屋らしく、世界中の写真やマリオネット、本、CD、置き物などが所狭しと並べられていました。

その後、食料品などのお買い物を済ませ、18時に再び教会を訪問。ユラーテ・ランズベルギーテさんの弾くチュルリョーニスを聴くことができました。終演後にお話しする機会にも恵まれ、彼女が演奏するチュルリョーニスのオルガン曲集のCDを頂戴したのでした。
c0193950_17291554.jpg



***************************************************************************
c0193950_1432321.gif

[PR]
by ciurlionis | 2009-06-28 00:00 | 旅行

リトアニアの首都ヴィリニュスの革命博物館だった場所に、国立美術館National Art Galleryが6月20日にリニューアル・オープンしたそうです。

c0193950_1855819.jpg

リニューアル・オープンを記念して、「色と音の対話: チュルリョーニスと同時代の画家たちによる作品展」The international exhibition Dialogues of Colour and Sound. Works by Čiurlionis and His Contemporaries が開催されます。

この夏、リトアニアの首都ヴィリニュスは欧州文化首都に指定されていて、いろいろな文化イヴェントが企画されていますが、この展覧会はそのなかでも代表的な展覧会ですのでぜひ訪れてみてください。

また、いよいよリトアニア国名の千年紀を記念した「リトアニア歌の祭典2009」の開催が来週7月1日~6日に迫ってきました。詳しくは先日のブログをご参照ください。

私もこの合唱祭に合わせて今週末に渡欧することになりましたので、しばらくこのブログもお休みさせて頂きます。

次回のアップは8月上旬の予定です。


***************************************************************************
c0193950_1432321.gif

[PR]
by ciurlionis | 2009-06-21 18:00 | 美術

リトアニアを代表する作曲家・画家のチュルリョーニスについては、先日から少しずつご紹介していますが、今日はアメリカのセレスティアル・ハーモニーズ(Celestial Harmonies)からリリースされているチュルリョーニスのピアノ曲CDをご紹介します。

c0193950_2185281.gif

これらは2001年以降に録音されたものなので、アマゾンやHMVなどで入手可能です。

Celestial Harmoniesからはすでに4枚のチュルリョーニスのCDがリリースされているのですが、今年5枚目がリリース予定で、これでピアノ作品集が完結するそうです。

このシリーズは初め、メキシコで幼少時代を過ごしたドイツ人ピアニスト、ニコラウス・ラフーゼン(Nikolaus Lahusen)によって始められ、3枚目まで彼の演奏で録音されたのですが、残念ながらこのラフーゼンは、1998年より患っていた癌のため2005年5月15日に急逝されました。このレコード会社の社長Eckart Rahnによれば「彼は、いつも先のことを考えていて、積極的だった」とのことです。

彼の弾くチュルリョーニスは、暖かく牧歌的なランズベルギスのものとは異なり、硬質な音でしっかりと一音一音を弾く、どこかドイツ的な響きのする演奏です。両者の演奏を聴き比べてみると、同じ曲でもテンポと音色が違うので、まるで別の作曲家の作品のように聴こえるものもあります。

Ciurlionis: The Complete Piano Music, Vol. 1
c0193950_15459.jpg



Ciurlionis: The Complete Piano Music, Vol. 2
c0193950_2274530.jpg


この3枚めのCDのジャケットに載っている写真はチュルリョーニス自身が撮影した写真です。
チュルリョーニスは、音楽・絵画のほかに、文筆・写真にも興味を示していました。
Ciurlionis: The Complete Piano Music, Vol. 3
c0193950_2281292.jpg


4枚目のCDを演奏しているのは、チュルリョーニスの曾孫であるローカス・ズボヴァス(Rokas Zubovas)です。彼の演奏もランズベルギスともラフーゼンとも違い、多彩な音色でチュルリョーニスの明るいところも暗いところもその都度音色や弾き方を変えて表現しています。

このCDのジャケットにはチュルリョーニス本人と曾孫のズボヴァスの写真が載っているのですが、ふたりともどこか似ていませんか?
(こちらのみ、アメリカ・アマゾンのサイトへのリンクになっています。)
Ciurlionis: The Complete Piano Music, Vol. 4
c0193950_2285171.jpg

これら4枚のCDにはリトアニアのカウナス工科大学のダリウス・クチンスカス教授ほか、世界のチュルリョーニス研究者による詳細な楽曲解説が付いています。

***********************************************************************
c0193950_12162067.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2009-03-12 23:59 | 音楽

今日は、チュルリョーニス・ファンの皆さまのご要望にお答えして、チュルリョーニスのCDを無料で試聴できるサイトをご紹介します。

c0193950_321032.gif

試聴できるのは、www.naxos.comというアメリカ・ナクソスのサイトで、メールアドレスとパスワードを登録するだけで、チュルリョーニスのみならず、ナクソスからリリースされているほとんどのCDの各トラックの25%をいくらでも試聴できてしまうという夢のようなサイトです。

日本のナクソスやmusic libraryとは異なりますのでご注意ください。

各CDのページ左側のPlease Log-in / Subscribe to play track. というところをクリックし、
Not yet a subscriber? Try Naxos.com for FREEをクリックして登録します。

ここでは、チュルリョーニスのCDのページのリンクのみ下記に載せておきます。
他の作曲家の作品を楽しみたい方は、www.naxos.comからアクセスしてください。

チュルリョーニスのCDで試聴できるのは下記の5枚です。

CIURLIONIS: Piano Works, Vol. 1
8.223549 Instrumental
c0193950_2584575.gif

CIURLIONIS: Piano Works, Vol. 2            
8.223550  Instrumental
c0193950_2591131.gif

CIURLIONIS: Sea (The) / In the Forest / Five Preludes
8.223323  Orchestral
c0193950_2593421.gif
                   
BALTIC ORGAN MUSIC
BIS-CD-561 Instrumental
c0193950_2595070.gif

Around The World In 80 Minutes
8.223003 Instrumental
c0193950_301481.gif


皆さまに少しでもチュルリョーニスの音楽を楽しんで頂けましたらこの上なく幸いです。

***********************************************************************
c0193950_12162067.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2009-02-27 23:59 | 音楽