今やヴィオラ奏者というとバシュメットやカシュカシャンなどヴィジュアル系のアーティストが見られるようになったが、昔はヴィオラといったらターティスやプリムローズやヒンデミットの名が浮かぶだけだった。そんななか、今日あるようなヴィオラの確固たる地位を築くのに活躍されたのが今井信子さんではなかったか?

最近は、ヴィオラ・スペースを自ら主宰されるなど、後進の指導にあたられている彼女ではあるが、まだまだ第一線のヴィオラ奏者であると思っている。

今日は、彼女がウォルトン作曲のヴィオラ協奏曲を演奏されるというので、楽しみに聴きに行ってきた。

第696回定期演奏会 Bシリーズ
会場:サントリーホール

指揮:ジェームズ・ジャッド
ヴィオラ:今井信子

◦ヴォーン・ウィリアムズ:「すずめばち」序曲
◦ウォルトン:ヴィオラ協奏曲 
◦エルガー:交響曲第1番 変イ長調 作品55


指揮は、ロンドンのトリニティ音楽院出身のジェームズ・ジャッド。

指揮者とオーケストラの相性が良かったのか、どの作品もイギリス音楽の素晴らしさが良く引き出されていたと思う。久しぶりに聴いた名演だった。

今井信子さんの弾くヴィオラもまだまだ現役。その昔ターティスのために作曲され、ヒンデミットが初演し、プリムローズの録音で知られた名作が、今井さんならではの語りかけるように親密な音楽として21世紀に甦った。シンプルながら奥の深い音色に魅了されました。

アンコールに演奏されたヘンデル作曲「私を泣かせてください」(細川俊夫編曲)も素晴らしかった。彼女の今までの人生のすべてが音からにじみ出ているかのような秀逸な演奏だった。もっと日本のオーケストラとの共演を続けてほしいと思いました。

今井信子さんの自伝を読んで感銘を受けました。演奏会でアンコールに演奏されたヘンデル作曲の「私を泣かせてください」のミニCDも付いています。おすすめです。

今井信子 『憧れ ヴィオラとともに』(単行本)

c0193950_11385990.jpg


c0193950_23203823.gif

             

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]

先日、ヴィオラ奏者の今井信子さんの半生を綴った自伝を読んで、このブログで取り上げたら、クラシック好きの友だちが今井信子さん演奏のCDを数枚貸してくださったので、順番に聴いてご紹介していきたいと思います。

今日の一枚は、今井信子さんの人生を決めた一枚と言っても過言ではないくらい彼女にとっては重要なCDです。LPしか出ていないと思っていたらなんとCDにもなっていて嬉しくなりました!

c0193950_0373388.jpg


Hector Berlioz (1803-1869):
《Harold en Italie》 Op. 16
《Tristia》 Op. 18

Nobuko Imai, Viola (Op. 16)
John Alldis Choir (Op. 18)
London Symphony Orchestra
Sir Colin Davis, Conductor

PHILIPS 416 431-2

今井信子さんのヴィオラはまだ若いころの演奏ですが、勢いに乗っていて、瑞々しくて、LSOとの息もぴったり。LSOのベルリオーズがまたすばらしい!ベルリオーズ音楽のスペシャリスト、サー・コリン・デイヴィスとLSOの演奏なのですから上手なのは当たり前なのですが、今まで聞いた《イタリアのハロルド》のなかでは最高のものでした。

まるで、オペラかバレエ音楽のように、その場その場の情景が思い浮かぶような変化に富んだ音楽で、その合間に語りかけるように出てくるヴィオラのフレーズがまた素晴らしかったです。

彼女がこのCDを録音するに至った経緯は先日ご紹介した彼女の著書『今井信子 憧れ ヴィオラとともに』に書かれています。

その運命的な出会い?についてはまた後日このページでご紹介させていただきます。

************************************************************************
c0193950_12162067.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2009-03-05 23:59 | 音楽

最も尊敬している作曲家のひとりにドイツの作曲家マックス・レーガー (Max Reger, 1873-1916) がいます。今日は、以前から愛聴していた今井信子さん演奏のヴィオラ作品集がありますのでそれをご紹介します。

特におすすめはSonata for Viola and Piano in B flat major, Op. 107 です。この曲は、クラリネット・ソナタにもなっていて、自分もリサイタルで演奏したことがあり、後期ロマン派に属したレーガーらしい、変化に富んだ楽曲でお気に入りでした。同じ曲がヴィオラ用にも作曲されていることを知り、うれしくなってご紹介しました。ヴィオラ・ソナタの方は、弦楽器だけあって流れるように演奏されていて、こちらもまたクラリネットとは違った良さがあり、しみじみと繰り返し聴いていました。

c0193950_0403620.jpg

Reger: Music for Viola

Brautigam, Ronald, piano
Imai, Nobuko, viola

Romance for Viola and Piano (arr. H. Sitt)
3 Suites for Solo Viola, Op. 131d: Suite No. 1 in G minor
3 Suites for Solo Viola, Op. 131d: Suite No. 2 in D major
3 Suites for Solo Viola, Op. 131d: Suite No. 3 in E minor
Sonata for Viola and Piano in B flat major, Op. 107


* * * * *

また、この曲のクラリネット・ソナタ・ヴァージョンは、下記のカール・ライスター氏演奏のものがおすすめです。

マックス・レーガー作曲のクラリネット作品はどの作品も秀逸で、完成度も高く、演奏する者にとっても聴くものにとっても楽しめる作品ばかりだと思います。ロマンティックなメロディーもあれば、難解な転調を繰り返す場面もあり、変化に富んだレーガー作品を堪能できるアルバムです。元ベルリン・フィルの首席クラリネット奏者、カール・ライスター氏の個性的で柔らかいクラリネットの音色が耳に優しく、伴奏者との息もばっちり合った名演となっています。

c0193950_0593217.jpg

レーガー:クラリネット作品全集

**************************************************************************
c0193950_12162067.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2009-02-26 23:59 | 音楽

ヴィオラ奏者の今井信子さんについては、リトアニア人作曲家のヴィータウタス・バルカウスカス氏の《ヴィオラ・ソロのための2つのモノローグ》 Op. 71と《ヴァイオリンとヴィオラのための二重協奏曲》 Op. 122の2曲を世界初演したことや『ロシアのヴィオラ』というCDの件でこのブログでも取り上げましたが、先日新宿のジュンク堂書店の音楽書のコーナーで、『今井信子 憧れ ヴィオラとともに』を見つけて興味を持ったので購入してみました。

c0193950_0441372.jpg

これが、久しぶりに読んだすばらしい良書でした!

彼女がどのようにヴァイオリンやヴィオラに出会い、留学を決断し、その後も自らの決断で人生を切り拓いていかれたのか、その波乱万丈な、でも出会いに恵まれた不思議な半生がドラマティックに語られています。桐朋学園での日々、斎藤秀雄先生のこと、留学先でのこと、コンクールに望んだときのこと、楽器の盗難にあったこと、カルテットの取り組みの難しさ、家庭と演奏活動の両立、ヴィオラという楽器の魅力などなど。

巻末には、付録のミニCDも付いていて、なんとも彼女らしい本となっています。

この本を読んで、もう少しヴィオラが主役となっている楽曲を聴いてみたくなりました。
まずはベルリオーズの《イタリアのハロルド》を、またパウル・ヒンデミットのヴィオラ作品や武満徹さんの作品、ウォルトンのヴィオラ協奏曲もすばらしそうです。

今井さんがこの本のなかでおっしゃっていた「ノー・リスク、ノー・グローリー」という言葉が好きだという言葉が印象的でしたが、もうひとつ「私は、本当に人に恵まれてきたと思う。それが、私がここまで来る上で最大の幸運かもしれない。」という言葉にとても共感を覚えました。やはり「出会いが出会いを呼び、人生は拓けるのだ」と最近思うようになり、以前は人見知りしがちだった私もひとつひとつの出会いを大切にするようになりました。

ところで、最近音楽界で残念なニュースが流れました。この今井信子さんがアドヴァイザーを務められたこともあり、「ヴィオラスペース」の発祥の地でもあったお茶の水のカザルスホール(今は日本大学の所有)が、来年2010年の3月で閉館するとのこと。室内楽のためのホールとしては音響的にも最高で、立派なパイプオルガンがあることでも有名でしたが、なんとも残念です。

*************************************************************************
チュルリョーニスの時代』(佐藤泰一・村田郁夫訳、ヤングトゥリープレス 2008)
c0193950_25865.jpg

リトアニアを象徴する作曲家・画家チュルリョーニスの伝記が発売になりました!
ピアノ曲の楽譜、詳細なディスコグラフィー、音楽作品リスト、参考文献目録も収録!
[PR]
by ciurlionis | 2009-02-19 23:59 |

昨日今井信子さんのヴィオラや日本の曲のフレーズが使われている曲をご紹介したので、そのつながりで今日は、スウェーデンのBISレーベルから発売されている今井信子さんのヴィオラによる"The Russian Viola"『ロシアのヴィオラ』と小川典子さんのピアノによる "Japonisme" 『ジャポニスム~世界の作曲家の目に映った日本』についてお話しします。

まず、一枚めの"The Russian Viola"ですが、文字通り、ロシア人作曲家によるヴィオラ曲ばかりを収録したCDです。今井信子さんの演奏するヴィオラが、まるでチェロかと思わせるような層の厚い音色で朗々と謳い上げています。

c0193950_21511268.jpg


おすすめは、ショスタコーヴィチの遺作となったヴィオラ・ソナタです。この作品は、1975年の春から夏にかけて作曲され、彼が亡くなる三日前に完成されました。曲の冒頭にはアルバン・ベルクのヴァイオリン協奏曲冒頭のピチカートが引用され、第二楽章のグロテスクな踊りはマーラーとストラヴィンスキーを想起させます。また、最終楽章の冒頭13小節はヴィオラのソロに捧げられ、メロディーはベートーヴェンの「月光ソナタ」と同じリズムとメロディーへと続きます。また、彼自身の第五交響曲と、チャイコフスキーの第四交響曲などからも構想を得ているのがわかります。

RUBINSTEIN, Anton (1829-1894)
Nocturne, Op. 11 No. 2 (Track 1)
GLINKA, Michail (1804-1857)
Viola Sonata in D minor (Tack 2-3)
GLAZUNOV, Alexandr (1865-1936)
Elegie, Op. 44 (Track 4)
STRAVINSKY, Igor (1882-1971)
Elégie per viola sola (1944) (Track 5)
SHOSTAKOVICH, Dmitri (1906-1971)
Sonata for viola and piano, Op. 147 (Track 6-8)
Nobuko IMAI, viola
Roland PÖNTINEN, piano



二枚目の "Japonisme" 『ジャポニスム~世界の作曲家の目に映った日本』は、こちらも文字通り、日本の曲や日本が題材にされている曲ばかりが収録されているCDです。収録曲のほとんどが「世界初録音」という貴重な盤です。小川典子さんのピアノの透明感のあるシャープな音色がしっかりと明快にジャポニスムを表現しています。

c0193950_21523494.jpg


アンリ・ジル=マルシェックスはピアニストとして生涯のうち4度ほど日本を訪れており、1937年の5月にRetour du ToshiwaraLune d'automne a Idzoumoを東京で初演しています。いずれも日本人にとっては不評だったようです。このCDに収録されている曲ではジル=マルシェックスが日本で聴いたメロディーやリズムが採用されています。また、この曲はアルフレッド・コルトーに捧げられました。

ポーランド生まれのフランスの作曲家タンスマンは、1933年のアジア・ツアーの際に日本にも訪れました。日本滞在中に、宮城道雄の琴を聴き、その美しさに触発されたそうです。ここでは、都節の音階と琴の音の模倣が試みられています。

Theodor SZÁNTÓはウィーン生まれの作曲家で、1898年から1901年までベルリンでブゾーニに師事しました。彼は、バルトークやコダーイがまだ有名になる前から彼らの曲を紹介していました。また、彼は日本の音楽にも大変興味を持っており、彼の作品のなかにさまざまな形で組み込みました。

Walter NIEMANNは、日本の文化を賞賛しており、自宅にはたくさんの日本画が飾られていたそうです。彼はドイツ人作曲家ですが、ここでの収録曲からはどこか北欧色をいっぱい感じました。

サン=サーンスは、数々の異国風の作品を作曲しましたが、ここでは、パリ博覧会から影響を受けたらしい作品が収録されています。このオペラは、彼がジャポニスムを取り入れた最初の作品だそうです。

シリル・スコットは、イギリス人作曲家でありますが、ドイツのフランクフルトでフンパーディンクに学び、フランスの印象派の音楽から強い影響を受けました。彼は「イギリスのドビュッシー」としばしば呼ばれ、オリエンタルな哲学と神秘主義に自分を捧げ、インドや中国の要素を含んだ曲を作曲しました。ここでの収録曲には明確な日本的要素は見られませんが、明らかに中国風の作品とは異なっており、スコットの日本から受けたイメージが曲想から感じられます。

シラスは、オランダ生まれの作曲家ですが、パリでピアノと作曲法を学びました。オランダにいたころより日本との交流があり、どこかで日本の伝統音楽を耳にしていたようです。ここでの一風変わった音楽は彼が日本の音楽から得た印象を反映しています。

ポルディーニはハンガリー生まれの作曲家で、ハンガリー国内ではオペラの作曲家として有名ですが、世界的には、彼のLa poupee valsanteが、クライスラーによってヴァイオリン用に編曲されたことで知られるようになりました。ここでの作品は、ドビュッシーを想わせるような曲のなかに日本と中国の要素が含まれています。また、中間部のアルペッジョは琴の演奏を暗示させています。

パーシー・グレインジャーはオーストラリア生まれの作曲家で、ブゾーニのもとでピアノを学びました。彼は、民謡のメロディーを用いて多くの作品を作曲しましたが、ここに収録されている作品は、当時として例外的に斬新なもので、和声がまったく感じられません。ここでは、彼がオーストラリアの日本バザールで聴いた都節の音階と日本的なリズムが採用されています。

アルバート・ケテルビーは、イギリス生まれの作曲家です。ここに収録されている作品では、日本と中国のモティーフが一般的なスタイルで採用されています。最初の部分では、芸者が描かれ、第二部では花や鳥、そしてサムライを描いています。そして、第三部には君が代が使用され、ここでは単に異国的な象徴として、日本が採用されています。

GIL-MARCHEX, Henri (1894-1970)
Deux Images du vieux Japon (1936) (Track 1-2)
TANSMAN, Alexandre (1897-1986)
Complainte de Nikko from 'Le tour de Monde en Miniature' (1933) (Track 3)
SZÁNTÓ, Theodor (1877-1934)
In Japan (1918-22)
Four studies in Japanese harmony based on native songs (Track 4-7)
Sakura Sakura (1924)
No. 2 of 'Zwei Japanische Melodien' from the opera 'Taifun' (Track 8)
NIEMANN, Walter (1876-1953)
Japan, Op. 89 (1923) (Track 9-13)
SAINT-SAËNS, Camille (1835-1921)
Overture to the opera 'La Princesse jaune', Op. 30 (1872) (Track 14)
SCOTT, Cyril (1879-1970)
Soirée japonaise Op. 67 No. 4 (1907) (Track 15)
SILAS, Edouard (1869-1909)
Tokio, Japanese March (1894) (Track 16)
POLDINI, Ede (1869-1957)
Étude japonaise, Op. 27 No. 2 (1907) (Track 17)
GRAINGER, Percy Aldridge (1882-1961)
Arrival platform Humlet
from the suite 'In a Nutshell' (1908-16) (Track 18)
KETELBEY, Albert (1875-1959)
From a Japanese Screen (Track 19)
Noriko OGAWA, piano


***********************************************************
チュルリョーニスの時代』(佐藤泰一/村田郁夫訳、ヤングトゥリープレス 2008)
c0193950_22562380.jpg

リトアニアを象徴する作曲家・画家チュルリョーニスの伝記が発売になりました!
ピアノ曲の楽譜、詳細なディスコグラフィー、音楽作品リスト、参考文献目録も収録!
[PR]
by ciurlionis | 2009-01-10 22:30 | 音楽

今日は、リトアニア人作曲家で親日家であるヴィータウタス・バルカウスカス氏のCD "JEUX"をご紹介します。バルカウスカス氏は2005年に来日し、講演会と演奏会が実施されました。

バルカウスカス氏は1931年、リトアニアのカウナスに生まれました。カウナスには、第二次大戦前に多くのユダヤ人に国外脱出のためのヴィザを発行し、命を救ったことで知られる「日本人のシンドラー」と呼ばれた杉原千畝氏が勤務していた旧領事館があります。バルカウスカス氏はこの街で育ち、杉原夫妻の人道的行為に大変感銘し、このCDに収録されている『二重協奏曲』を作曲しました。この曲は、2004年6月のヴィリニュス音楽祭で世界初演されました。5楽章からなるこの作品の第2楽章には日本の「さくらさくら」のメロディーが採用されていて、第5楽章では和太鼓をイメージしたフレーズが登場します。

また、このCDにはヴィオラ・ソロのための『二つのモノローグ』という作品も収録されていて、この曲の2004年に作曲された改訂版は日本を代表するヴィオラ奏者の今井信子さんに捧げられています。

このほかには、ヴァイオリンとオーケストラのための"JEUX"『遊戯』とヴァイオリン・ソロのための『パルティータ』も収録されていて、前者はこのCDでヴァイオリンを演奏している、フランス人奏者のフィリップ・グラファンに捧げられています。

バルカウスカス氏の作品は、前衛的なものが有名ですが、このCDに収録されている曲は、いずれも抒情的な作品で、ぜひおすすめしたい一枚です。

c0193950_162129.jpg

Vytautas Barkauskas: Jeux; Partita; Two Monologues; Duo Concertante

JEUX for violin and orchestra, Op. 117 (2003)
dedicated to Philippe Graffin (track: 1-7)

PARTITA for violin solo, Op. 12 (1967) (track:8-12)

TWO MONOLOGUES for viola solo, Op. 71 (1983/2004)
dedicated to Nobuko Imai (track:13-14)

DUO CONCERTANTE for violin, viola and orchestra, Op. 122 (2004) (track:15-19)



***********************************************************
チュルリョーニスの時代』(佐藤泰一/村田郁夫訳、ヤングトゥリープレス 2008)
c0193950_22562380.jpg

リトアニアを象徴する作曲家・画家チュルリョーニスの伝記が発売になりました!
ピアノ曲の楽譜、詳細なディスコグラフィー、音楽作品リスト、参考文献目録も収録!
[PR]
by ciurlionis | 2009-01-09 23:59 |