地震当日の14時46分、自分はシンポジウムへ向かうため都内で通りを歩いていました。

信号機がやたら揺れているし、窓ガラスがバリバリ振動している。そのうちに地面がグラグラ揺れだして。。。

「あっ!地震だ!しかもかなり大きい!」となったわけです。

その後会場へ向かったけれど、結局出演者が到着できないためにシンポジウムも中止に。そして、歩きついたJRの駅にあったTVであの東北の都市を飲み込んだ津波の映像を目にしました。

結局、地下鉄もJRも止まってしまったので帰宅困難者となり、都内の駅ビルで一夜を明かし、翌朝の始発電車で帰宅。

ひとり、岩手に友人が住んでいるので年賀状を取り出して住所を確認すると、「岩手県…山田町…」大きく被災した町ではないか!GoogleのPerson Finderで友人一家の名前を見つけるまではとても心配でたまらなかった。

そして、3月31日に岩手から彼女直筆のハガキが届いた。「年賀状とかで住所確認したりしなかった?」と。

みごとに図星。ハガキと同日に携帯へもメールが届いた。「無事です。」と。安心したけれど「家も、車も、仕事も一度に失った」友人のことを考えるといたたまれなくなり涙が止まらなかった。

その後は連絡がきていないが、今後自分ができる限りのことをしようと心に誓った。

アマゾンではさまざまな形で募金ができるようです。もし少しでも協力したいという方はアクセスしてみてください。

 たすけあおうNippon東日本大震災義援金サイト

c0193950_1454422.gif

c0193950_11172377.jpg


HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2011-03-31 14:46 | その他