大田黒元雄が愛用し、1918年に来日したプロコフィエフも弾いたとされる1900年製のスタインウェイのグランドピアノが修復され復活し、再び音を取り戻すことができた。

その点で意義深い演奏会だったと思う。

実際に音を聴いた感想は、「木箱が純粋に響いていた」という感じ。

以下、備忘録。

2010年9月24日(金)
19:00~
浜離宮朝日ホール
出演/根岸一郎(バリトン)*、釜洞祐子(ソプラノ)**
曲目/
ドビュッシー:
アラベスク 第一番・第二番
夢、マズルカ、ロマンティックな円舞曲
カノープ、亜麻色の髪の乙女、沈める寺
月の光
亜麻色の髪の乙女
菅原明朗:
ピアノ組曲「断章」より Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ
ピアノ組曲「白鳳の歌」より 第一曲「﨟纈」
ドビュッシー:
人形のセレナード
(休憩)
菅原明朗:
韓藍花、過近荒都詩、無題、田舎歌、白い姉の歌、丘の上*
ドビュッシー:
ロマンス*
堀内敬三訳詞歌曲:
御身を愛す(ベートーヴェン)、母の教え給いし歌(ドヴォジャーク)、スペインのセレナーデ(ビゼー)、メドレー「青空」「アラビヤの唄」「蒲田行進曲」、ホフマンの舟唄(オッフェンバック)、インドの歌(リムスキー=コルサコフ)、別れの曲(ショパン)**
ビゼー:
「カルメン」より セギディーリャ**
(アンコール)
レハール: 「メリー・ウィドウ」の二重唱* **
フリース: 「モーツァルトの子守唄」* **


c0193950_1961426.gif

[PR]

ピアニストで文筆家の青柳いづみこ氏が中心となって募金を募り、先日修復が完了した大田黒元雄氏が昔愛用していたピアノ(1900年製スタインウェイ)を使用した演奏会が9月に浜離宮朝日ホールで催されます。

c0193950_1445127.jpg


2008年5月にロンドンのプロコフィエフ財団の研究誌 "Three Oranges, Number 15" のために1918年夏にプロコフィエフが2か月間日本に滞在した際の大田黒元雄氏との交流エピソードを英語論文 "Motoo Ohtaguro and Serge Prokofiev: an unexpected friendship" (ISSN: 1472-9946) にまとめ発表したことがきっかけで大田黒氏について興味を持ち、実際に大田黒公園へ足を運んだりもしたのですが、このピアノ、もしかしたらプロコフィエフが大田黒家を訪問したときに弾いたピアノかもしれないのです!

今回はプロコフィエフの作品は演奏されませんが、大田黒元雄氏が仲間を集めて月一回行っていたサロン・コンサートで紹介されていたドビュッシーのピアノ曲や菅原明朗氏のピアノ組曲や歌曲、堀内敬三氏の訳詞による歌曲などが演奏されます。

青柳いづみこ氏の弾くドビュッシーはさすが研究者による演奏だけあって奥の深さを感じさせますのでぜひ演奏会へも足をお運びになって頂きたいと思います。

*     *     *     *     *     *

今聴いているのは青柳いづみこ氏の弾く「水の音楽」(KICC-363) というCD。同タイトルの書籍『水の音楽~オンディーヌとメリザンド~』(みすず書房) とともに、「文字と音の両方」でその魅力を語っています。

水辺の情景を想起させるソフトで心地よいピアノ曲の数々。おすすめです。

CD水の音楽~オンディーヌとメリザンド

c0193950_14262723.jpg



書籍『水の音楽―オンディーヌとメリザンド』

c0193950_14285572.jpg


c0193950_11172377.jpg

[PR]