人気ブログランキング |

今年最後の展覧会として、森美術館を選んだ。森美術館は展示内容も充実していて、いつも裏切られずに済むので展覧会にはできるだけ足を運ぶようにしている。

c0193950_18511783.jpg


この度の展覧会もクオリティの高いものだった。特に、ダ・ヴィンチのデッサンが公開されていたのには驚いた。ダ・ヴィンチの作品がここで見られるなんて!陰影のつけ方などが細かくて勉強になった。

日本の古美術から、西洋の現代アートに至るまで、医学に関係するアートがわかりやすく並べられていた。円山応挙の骸骨の図や、杉田玄白の著した『解体新書』などもあってじっくりと鑑賞。ジル・バルビエの《老人ホーム》と題する作品のなかに、歩行器を手で押している年老いたスーパーマンなどがいてそのユーモアに感動してしまった。

また、ジョージ・ワシントンの入れ歯やダーウィンの杖が展示されていて興味深かった。

展覧会図録も販売されています。
医学と芸術:生命と愛の未来を探る―ダ・ヴィンチ、応挙、デミアン・ハースト

c0193950_11161179.jpg


同時開催中の「MAMプロジェクト010」展も鑑賞。これは興味深い。ぜひ観てほしい。フィンランド人アーティストのテレルヴォ・カルレイネンとオリヴァー・コフタ=カルレイネンが世界中で結成した「不平の合唱団」による「不平不満を大声で歌うプロジェクト」の映像の数々。結構切実な不平不満もあって6カ国くらいの合唱団による合唱の映像をすべて鑑賞してきた。

* * * * *

展覧会を鑑賞後にスカイデッキにも上がってみたら、ちょうど富士山の横に夕日が沈むところでした。
c0193950_1925795.jpg


年末年始も無休で営業されるようですので、足を運んでみてはいかがでしょうか?

今年もこのブログをお読みくださりありがとうございました。

みなさま良いお年をお迎えください。



c0193950_23203823.gif

HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
by ciurlionis | 2009-12-28 23:59 | 美術