丸の内でマネ展を観た後に今度は目黒の庭園美術館へ。

ここでは、ロトチェンコ+ステパーノワ~ロシア構成主義のまなざし展が開催中。
c0193950_17113686.jpg


展示品数は多いものの、期待していたほどめずらしい作品は来ていなかった。しかも作品に対する解説がなくて残念。唯一見られて良かったのが、戯曲『南京虫』のための衣装デザイン画。これまでの庭園美術館の展覧会では本物の衣装を展示していたことが多かったのだが、今回はデザイン画のみだった。

展覧会図録も不定形の大きくて重たいもので、書棚に並べたら飛び出しそうなサイズ。。。内容も寂しい感じ。もう少し作品解説が欲しかった。

後日『ロトチェンコの実験室』という1995年にワタリウム美術館によって編集された書籍を発見。こちらの方が読み応えがあってロトチェンコやロシア構成主義について勉強することができた。

 『ロトチェンコの実験室』ワタリウム美術館(編)(単行本)

c0193950_17175053.jpg


c0193950_11172377.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2010-04-27 23:59 | 美術
小雨の降る日だったが、平日ならば少しはすいているかも知れないと期待して、丸の内にある三菱一号館美術館で開催中のマネとモダン・パリ展へ足を運んだ。

c0193950_16523810.jpg


これ以上混んだら大混乱するのではないかというくらい館内はひとでいっぱい。。

でもなんとか観たい絵画だけはしっかりとみてくることができた。特にオルセー美術館からやってきた《ローラ・ド・ヴァランス》は楽しみにしていたので見られて満足だった。

混んでいることを抜かせば、さすが三菱一号館美術館の開館記念展だけあって、これ以上名品ぞろいのマネ展は今後ないであろうと思うほどのセレクションだった。

世界中の美術館から屈指のマネの絵画が集められていた。展覧会はこうでなければ!

会期は7月25日(日)までなので、もう一度くらいは足を運びたい。

c0193950_11172377.jpg

[PR]
by ciurlionis | 2010-04-27 23:55 | 美術