チェーホフ原作の映画「機械じかけのピアノのための未完成の戯曲」を鑑賞。監督はニキータ・ミハルコフ。

当時は傑作と言われたそうだが、原作のチェーホフがそうだから仕方ないとはいえ、他のチェーホフの小説同様ロシア貴族の恋愛劇が長々と続くだけで特別な印象は残らなかった。

自動ピアノのシーンは斬新なのかもしれないが、唐突に思えたのも事実。

ご興味のおありの方はぜひご覧ください。

機械じかけのピアノのための未完成の戯曲 [DVD]

c0193950_2223517.jpg



c0193950_11172377.jpg



c0193950_1961426.gif

[PR]
by ciurlionis | 2010-10-31 23:59 | 映画