12月5日から上映されているアンジェイ・ワイダ監督の最新映画『カティンの森』を観に岩波ホールまで足を運びました。ホールはほぼ満席。良い席を確保されたい方は少し早めに行ったほうが良いかもしれません。

アンジェイ・ワイダ監督(1926-)は、ポーランドを代表する映画の巨匠。抵抗三部作と呼ばれる『世代』(1954)、『地下水道』(1956)、『灰とダイヤモンド』(1958)などが有名である。

この映画は1940年に起きた「カティンの森事件」を題材にしたもの。ソ連軍の捕虜となっていたポーランド兵約1万5千人が虐殺され、その遺体が後年になって見つかった。長らくナチス・ドイツが犯した罪とされていたが、実はソ連軍の犯罪だったのだ。

ストーリーやDVDは先日のブログ~映画『カティン』 "Katyń" (2007) アンジェイ・ワイダ監督DVD~でご紹介してありますのでもしよろしければご覧ください。

これは父が「カティンの森」の犠牲者であるというワイダ監督の渾身の作だけあって、かなり衝撃的な映画でした。歴史を再認識するためにもぜひ観てほしい一作です。

また、この映画を記念して彼の自伝の邦訳が新しく出版されました。詳しくは下記をご覧ください。

『映画と祖国と人生と…』 (単行本、2009) アンジェイ・ワイダ (著)

c0193950_15332180.jpg


カティンの森 (集英社文庫)

c0193950_19313595.jpg


HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム
[PR]
by ciurlionis | 2009-12-17 23:59 | 映画